見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
fukushima
fukushima
ゴールデンウィーク特別イベント④ 社会福祉法人共生福祉会 福島美術館「オリジナル動物スタンプで〈手紙セット〉を作ろう!」

ゴールデンウィーク特別イベントシリーズ第4回目、

5月5日(金)最後に訪れたのは「社会福祉法人共生福祉会 福島美術館」です。

 

仙台市歴史民俗資料館からJR榴ヶ岡駅まで移動し、また仙台駅へ。

地下鉄南北線へ乗り換えて愛宕橋駅で下車します。

愛宕橋駅から徒歩5分ほどのところに福島美術館はあります。

訪れたこの日は「オリジナル動物スタンプで〈手紙セット〉を作ろう!」が開催されていました。

 

春季展「アッと面白い!動物ずかん〜細密画からマンガ表現〜」が開催されていました(5/31まで)。

今回のGW特別イベントは、

福島美術館収蔵品の中から手作りした動物スタンプを使用して、

自分だけの手紙セットを作ろうというイベントです。

春季展で展示されていた動物もスタンプになっていました。

手作りの動物スタンプはこんなにたくさんあります。

 

はじめに便箋と封筒を選びます。

事務局・今野はピンク色の封筒と薄ピンク色の無地便箋を選びました。

 

 

この日は、仙台市内の大学生ボランティアのみなさんも活動していました。

学生ボランティアさんとお話をしながら、

ペタペタとスタンプを押していきます。

 

たくさんのスタンプがあったので、

全体のバランスを見ながら

どのスタンプをどの色で押そうかと考えて作成していきました。

 

最後に切手シールを貼って出来上がりです。

完成品がこちら!

便箋は、春季展チラシにも載っていた犬のスタンプを押しました。

封筒は、カエルが3匹相撲をとっているスタンプです。

封筒の裏面は鶴のスタンプです。

バランスを考えてはいたものの、

自分の気にいったスタンプを押していった結果

あまりセンスの感じられない出来になってしまいました…。

ですが、好きなスタンプを使用したからか

この手紙セットが気に入りました。

 

学芸員の相澤さんは、参加者それぞれ仕上がりが違っていて面白いと言っていました。

確かに、一つとして同じ手紙セットはありません。

これは世界に一つしかない手紙セットということです。

世界に一つしかない手紙セットを記念に取っておきたいところですが、

手紙を書いてきちんと役目を果たしてもらおうと思います。

 

さて、

ここまでゴールデンウィーク特別イベントシリーズを4回にわたりお届けしました。

各館それぞれ特徴のある特別イベントが催されていましたが、

誰もが楽しめる内容となっていました。

 

例年、SMMA参加館では様々な特別イベントが実施されています。

来年のゴールデンウィークも是非SMMA参加館のゴールデンウィーク特別イベントにご参加ください。

 

*企画展情報

ミニ企画展「地下鉄南北線 歴史さんぽ」

6月14日(水)〜8月31日(木)に開催されます。

※詳細はこちらをご覧ください。

 

【アクセス】

仙台市地下鉄南北線「愛宕橋」駅 下車

徒歩5分

 

(事務局・今野)

 

 

 

LINEで送る
Pocket