見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
zoo
zoo
ゴールデンウィーク特別イベント② セルコホーム ズーパラダイス八木山「ふれあいコーナー」

ゴールデンウィーク中は、ほとんど天気も崩れることなく

快晴が続きましたね!

 

さて、5月5日(金)は3館を訪れました。

①セルコホーム ズーパラダイス八木山

②仙台市歴史民俗資料館

③社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

 

特別イベントシリーズ第2回目、

今回は「セルコホーム ズーパラダイス八木山」です。

地下鉄東西線を利用しました。

駅と動物公園は直結なのでとても便利です。

八木山動物公園駅は

日本一標高の高い地下鉄駅なのです。

高い!

 

この日は5月5日、こどもの日!

小・中学生は入園が無料でした。

ゴールデンウィーク期間中は、いろいろな動物とのふれあいコーナーが催されていました。

事務局・今野は「ラクダにおやつをあげよう」(11:00〜11:30)に参加しました。

 

フタコブラクダのラフちゃん。

飼育員さんからおやつを受け取り、

そのままラフちゃんにおやつをあげます。

大きな動物に慣れていないためか

おやつをあげる前は、少し「怖い…」と思いましたが

ラフちゃんは優しくおやつを食べてくれたので安心しました。

おやつをあげた後のラフちゃんの顔です。

満足気ですね。

 

またこの日は、ラフちゃんの未来のお婿さんも見ることができました。

ゴールデンウィーク中は、新しい仲間の愛称を募集していました。

ラフちゃんのお婿さんとなる彼の命名式が5月20日(土)に開催され、

「ラッキー」という愛称に決まったようです!

※詳しくはこちらをご覧ください。

 

事務局・今野は参加できませんでしたが、

その他にもたくさんのふれあいイベントが開催されていました!

 

モルモットやウサギ、ヘビとのふれあいコーナー「ふれあい広場」。

 

 

「アフリカゾウのメアリーにおやつをあげよう」

おやつタイムに間に合わなかったので、アフリカ園にいたメアリーを撮影。

 

「レッサーパンダのおやつタイム」

こちらもおやつタイムに間に合わなかったため、

遊んでいるレッサーパンダを撮影。

 

実物の写真はありませんが、

「フクロウと写真を撮ろう」「ヒツジとヤギのふれあい」なども

開催されていました。

 

フタコブラクダのラフちゃんとのふれあいだけでしたが、

実際の動物にふれあうことができる貴重な体験をすることができました。

近くで見ると動物たちの顔がよくわかります。

事務局・今野は、ラフちゃんの顔を間近で見たせいか

ラフちゃんに愛着を感じるようになりました。

お婿さんとなるラッキーくんと早く仲良くなってほしいと思います!

 

ゴールデンウィークには、特別イベントとしてえさやり体験やふれあいコーナーがいつもより多く開催されていました。

みなさま、動物公園に来園した際にはぜひえさやり体験やふれあいコーナーに参加してみてください。

※えさやり体験は通年、ふれあいコーナーは土曜・日曜・祝日開催。

また動物により、それぞれ開催時刻がありますので、ホームページ等でご確認ください。

 

さて、ここからは園内の動物たちの様子をご覧ください!

●カバ

(↑さて、カバはどこにいるでしょう…)

(正解は矢印の先です、水に潜っています。)

 

●クロサイ

 

●キリン

 

●ゴリラ

 

●フンボルトペンギン

 

●ライオン

寝てる…

 

●スマトラトラ

 

●ホッキョクグマ

またまた寝てる…

 

●ニホンザル

 

最後に、お気に入りの一枚をご紹介します。

タヌキの添い寝

かわいらしい姿で寝ていました。

 

ポカポカした天気の中、

寝そべっている動物も多かったです。

愛らしいその姿に癒されながら

セルコホーム ズーパラダイス八木山を後にしました。

 

【アクセス】

仙台市地下鉄東西線「八木山動物公園」駅 下車 徒歩すぐ

 

>>>次回、仙台市歴史民俗資料館

 

(事務局・今野)

 

LINEで送る
Pocket