見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
ミュージアムユニバース情報*「トークとイベントの広場」
開催期間:2015年12月18日(金) 〜 2015年12月19日(土)

MU_title
2015年12月18日(金)・19日(土)にせんだいメディアテークで開催する「ミュージアムユニバース〜すてき・ふしぎ・おもしろい〜」。
ここでは会場内の「トークとイベントの広場」についてご紹介します。

◎「トークとイベントの広場」
各館の学芸員やスタッフがミュージアムならではのトークやクイズを開催します。
ここでしか聞けないコラボレーショントークや、様々なミュージアムによる「とっておきの話」もあります。
子どもから大人まで、ミュージアムをもっと身近に感じる広場です。

 

【12月18日(金)のプログラム】

●14:00〜14:45
「みんなが気になる飼育動物のふしぎ」
話し手:
仙台うみの杜水族館 サブリーダー 大谷明範
仙台市八木山動物公園 普及調整係長 釜谷大輔
内容:
水族館と動物公園の2園館のスタッフによるコラボレーショントーク。館の紹介をはじめ、「体験の広場」で展示する骨格標本などをもとに、骨からわかる動物の食や生活様式について、2園館のスタッフがお話します。

●15:15〜16:00
「ミュージアムのとっておきの話 食べる編」

ミュージアムのスタッフが同じテーマに沿って、それぞれのミュージアムならではのお話をします。
今回のテーマは「食べる」。同じ「食べる」話でも、ミュージアムによって様々な時代や食べものが登場します。
内容:
2万年前の食(地底の森ミュージアム 学芸員 平塚幸人)
旧石器時代、氷河期のなかを暮らした人々の食について紹介します。
縄文人はなに食ったんだべ?(仙台市縄文の森広場 学芸員 佐藤祐輔)
縄文人と現代人。食べ物の種類や食べ方はどうちがうのでしょう?
食と文学(仙台文学館 学芸室長 赤間亜生)
小説に登場するおいしそうな料理や、作家が大好きだった食べ物のことなどをちょっとだけお話します。

●16:30〜17:30
「MINGUバトルアルティメット」

話し手:東北学院大学 文化財レスキューチーム
内容:
昔の生活の道具・民具がどのように使われていたのかを当てるチーム対抗クイズです。正解したチーム全員にMINGUカードを、正解が1番多かったチームにレアカードをプレゼント!集めたカードは「体験!文化財レスキュー」で遊ぶことができます。

●18:15〜19:00
「シンデレラの原型〜ガラスの靴・灰の意味〜」

話し手:東北大学総合学術博物館 助教 小川知幸
内容:
魔法が解けてもシンデレラの靴はなぜ消えないのでしょうか。灰かぶりの灰とはいったい何を意味するのでしょうか。シンデレラのお話をさかのぼり、その歴史と原型をたどります。

 

【12月19日(土)のプログラム】

●13:00〜13:45
「ミュージアムのとっておきの話 うごく編」
ミュージアムのスタッフが同じテーマに沿って、それぞれのミュージアムならではのお話をします。
今回のテーマは「動く」。同じ「動く」話でも、ミュージアムによっていろんな「動く」があるんです。
内容:
仙台のまちを変えた鉄道(仙台市歴史民俗資料館 学芸員 畑井 洋樹)
鉄道の開通とその後の交通の発達は、江戸時代の城下町であった仙台を近代的な都市へと変えました。戦前の写真や地図をもとに、変わりゆくまちの姿を考えます。
芹沢銈介旅の記録《欧州みやげ》(東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館 学芸員 奈良 綾)
多岐にわたる制作を行った染色家と優れた審美眼を持つ収集家。2つの面を持った芹沢銈介について、1つの作品を通して紹介します。
再発掘!学生が動いて伝えるミュージアムの魅力!(みちのく博物楽団  東北大学理学研究科 三浦真美)
東北大学総合学術博物館理学部標本館の季節の展示作成裏話や、大学祭での取り組み、ミュージアムとの連携について紹介します。

●15:00〜15:45
「再発見!仙台の歴史」
話し手:仙台歴史ミュージアムネットワーク 参加8館スタッフ
内容:
歴ネット参加館から皆さんへの挑戦状!仙台の歴史を楽しいクイズでたどる大会に参加しませんか?
さまざまな分野から出される「再発見!」にふさわしい問題をクリアした貴方は、今日から仙台通!

●16:30〜17:30
「ミュゼバトル2 〜私のイチ押しミュージアムはコレよ!」
ファシリテーター:せんだいメディアテーク 企画事業係長 清水 有
プレゼンター:
イラストレーター 佐藤ジュンコ
共生福祉会福島美術館 学芸員 尾暮まゆみ
仙台うみの杜水族館 学芸員・飼育技師 萬 倫一
仙台市博物館 学芸員 菅原美咲
東北芸術工科大学4年 森 義澄
内容:
アートやカルチャーに興味のある様々な人が大好きな美術館や博物館について自由に紹介し合い、誰が会場の関心を一番集めるかを競うゲームです。
ミュゼバトルでもっと文化や芸術が身近なものに!ぜひご参加ください。

 

 

【お問い合わせ】
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局(せんだいメディアテーク内)
TEL:022-713-4483

LINEで送る
Pocket