見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
ミュージアムユニバース「体験の広場」
2019年12月14日(土)、15日(日)開催

12月14日(土)、15日(日)に、せんだいメディアテークで開催するミュージアムユニバース
「体験の広場」に、それぞれのミュージアムの特色を活かした体験コーナーが登場します。

 

《14日(土)》
■開催時間:13:00-17:00

★ひかるクリスマスかざりをつくろう! (スリーエム仙台市科学館)

LEDとスポンジを材料に,電気を通す物に乗せたときにだけ光る!美しいクリスマスの飾りを作ります。

■受付時間:随時
■所要時間:5〜10分

 

 

★ミニミニ石庖丁づくり (地底の森ミュージアム)

弥生時代の稲刈りの道具「石庖丁」のミニミニサイズをつくってみよう!

■受付時間:随時
■所要時間:10〜20分

 

 

★ピース!ピース!ピース! 鉄道チャレンジ② (東北福祉大学・鉄道交流ステーション)
 
①トランクに入った小さな鉄道模型(Zゲージ)を動かしてみよう。②鉄道の写真をジグゾーパズルで組み合わせながら、古い駅の形や鉄道のしくみを観察してみるシリーズ第2弾。今年は「秋保電鉄長町駅」「雪に挑むラッセル車」が加わりました。

■受付時間:随時
■所要時間:3分〜∞

 

 

《15日(日)》
■開催時間:10:00-16:00

★ワクワク縄文体験「赤」 (仙台市縄文の森広場)

縄文時代の「赤」。漆に混ぜて土器や木製品を赤く塗ったりした赤色顔料には「ベンガラ」と「水銀朱」があります。今回はベンガラ(酸化第二鉄)を使って絵を描きます。

■受付時間:随時
■所要時間:5〜10分

 

 

★メディアテーク・バックヤードツアー《スタジオシアター編》 (せんだいメディアテーク)

ガラス張りで裏側なんてあまりなさそうなメディアテークの裏側を見るツアー。今回は、映画上映などに使われる7階スタジオシアターの裏側を見学します。

■受付時間:11時に1階に集合 ※定員10名
■所要時間:約50分

 

 

★大学生と実習体験 —石碑の拓本に挑戦!— (東北学院大学博物館)

当館の目玉展示の一つ、中世東北を代表する霊場松島・雄島の海底板碑。その調査に携わった学生たちと一緒に、実際の板碑の拓本作りを体験してみませんか?

■受付時間:随時 ※同時に6人まで
■所要時間:約30分

 

 

★系統樹モビールをつくろう (みちのく博物楽団)

みなさんは「系統樹」を知っていますか?系統樹とは私たち生物が歩んできた進化の道筋を分岐する樹の形で表したものです。今回は、系統樹の形をしたクリスマスにぴったりのモビールを作って生物の進化を楽しみながら学んでみましょう!

■受付時間:随時 ※同時に3組まで
■所要時間:約20分

 

 

★クリスマス模様のコースターづくり (東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館)

もみの木やトナカイなど、クリスマス模様の型紙を使って、和紙コースターに染めます。

■受付時間:随時 ※材料がなくなり次第終了
■所要時間:約15分

 

**ミュージアムユニバースについてはこちらをご覧ください。

 

【お問い合わせ】
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
TEL: 022-713-4483

LINEで送る
Pocket