見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
SMMA見験楽学ツアー⑫ 福島美術館と裏道さんぽ —福島禎蔵が愛した土樋・米ケ袋—
2018年9月21日(金)【申込期間:〜9/12(水)まで】

閑静な住宅街・土樋にたたずむ ”街のちいさな美術館” 福島美術館とその界隈を巡るツアー。
福島美術館は今年12月23日より休業となります。今回のツアーでは、福祉と文化の両面から昭和の仙台を支えてきた美術館の創設者・福島禎蔵について学び、「福島禎蔵が愛し遺したコレクション」第5期の展覧会を鑑賞します。また、土樋・米ケ袋を散策しながら、阿部次郎、本多光太郎ら禎蔵にゆかりの学者・文化人の足跡を辿ります。

*案内人:尾暮 まゆみ(社会福祉法人共生福祉会 福島美術館 学芸員)

 

■開催日時:2018年9月21日(金)10:00-15:00

■コース:

10:00   仙台市営地下鉄南北線「愛宕橋駅」集合

10:20   福島美術館 到着

|      福島美術館について解説

10:50  「福島禎蔵が愛し遺したコレクション」展 第5期 見学(解説付き)

12:00   昼食(お弁当付き)

12:55   土樋〜米ケ袋 散策(解説付き

      阿部次郎記念か記念館 見学(解説付き)

|       本多会館 見学

15:00    仙台市営地下鉄南北線「愛宕橋駅」集合

 

■旅行代金:1,500円(昼食代・入館料・税込)

■定員:15名  (※応募多数の場合は抽選)

■申込締切:9月12日(水) ※必着

■申込方法:
ツアー名、お名前、住所、年齢、電話番号、ファックス番号またはEメールアドレスを明記のうえ、ファックス・Eメール・往復はがきのいずれかの方法で下記の問い合わせ先までお申し込み下さい。応募者多数の場合は抽選のうえ、結果をお申し込み時の連絡方法でお知らせします。

*お電話での申込みは受け付けておりませんのでご注意ください。

*お申し込み時にいただいた個人情報は、当該事業の連絡やお知らせのみに使用いたします。

 

【問い合わせ】
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1(せんだいメディアテーク企画・活動支援室内)
TEL: 022-713-4483 / FAX: 022-713-4482
E-mail: office@smt.city.sendai.jp

LINEで送る
Pocket