見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
tel:022-713-4483
fax:022-713-4482
email:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
ミュージアムトークテラス・ラジオ[シーズン2] 第1回「ブラックホールってなんですか?」

ミュージアムの魅力はさまざま。貴重な資料や作品、建物はもちろんのこと、それぞれに専門性を持った人たちが現場にはいます。『ミュージアムトークテラス・ラジオ』は、そんな魅力的な人たちがユニークなテーマで楽しいトークをお届けするラジオ/Podcastです。SMMAと仙台コミュニティFMラジオ3がお送りします。

2021年9月よりシーズン2として放送を再開します。第1回目の放送は、仙台市天文台の千田華(ちだ ひかる)さんから「ブラックホールってなんですか?」をテーマにお話を伺います。

 

///

SMMAミュージアムトークテラス ・ラジオ[シーズン2]

■ 第1回「ブラックホールってなんですか?」
■ 2021年9月9日(木)20:00-21:00
■ 出演:仙台市天文台 千田華さん



▶︎Podcast |Podcast配信はじめました!|

各種Podcastアプリで「ミュージアムトークテラス」を検索。
ラジオでの放送後、いつでも聴くことができます。
>>『Spotify』の場合はこちらから

▶︎ラジオ |毎月第2木曜日  20:00-21:00|
仙台とその周辺にお住まいの方はFM76.2MHzに合わせて。
詳しい聴き方はラジオ3のウェブサイトをご覧ください。

 

///

アーカイブ

トークでは、ブラックホールがどうやってできるのか、吸い込まれるとどうなってしまうのかといった話題から始まり、千田さんの専門である電波天文学のお話から、人間の目に見えない波長を観測する「電波望遠鏡」について解説してもらいました。(波長の詳しい解説は、国立天文台「多波長で観る宇宙」https://www.nao.ac.jp/study/multiwave/をご覧ください)

 


(Credit: EHT Collaboration)
明るいリングの内側の暗い部分がブラックホールシャドウと呼ばれるものです。

 


(Credit: NRAO/AUI/NSF)
図にあるように、世界中の電波望遠鏡を繋いで観測がされました。

 


(Credit: Jordy Davelaar et al./Radboud University/BlackHoleCam)
白い部分がトークでも話題になっていたブラックホール・ジェット。

 


収録現場で見せてもらったブラックホールを説明するための千田さん自作の道具。

 

 

【お問い合わせ】
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
Tel 022-713-4483(せんだいメディアテーク内)

 

LINEで送る
Pocket