見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
SMMAクロスイベント「八木山で生まれたよ!ラマのオセロ君クイズ」実施レポート

先日8月10日(金)に仙台市博物館とセルコホームズーパラダイス八木山(八木山動物公園)のクロスイベント「八木山で生まれたよ!ラマのオセロ君クイズ」を実施しました。

動物園と博物館? どんなことをするの?ラマでどんな風にクロスするの?
みなさんそんな興味をもってくださったことと思います。

このイベントは、セルコホームズーパラダイス八木山(八木山動物公園)で去年生まれたラマ(リャマ)のオセロ君にまつわるクイズイベントで、仙台市博物館特別展「古代アンデス文明展」(会期:7月27日~9月30日)に関連して行われました。

ラマの生態についての解説を八木山動物公園から、アンデスの文化とラマの関わりについての解説を仙台市博物館からという、ふたつの専門分野がクロスし、連携したクイズイベントです。

まずは、セルコホームズーパラダイス八木山の小泉飼育員から、リャマの生態や、オセロ君の家族などについてのクイズが出題されました。

「ラマは何科の動物かな?」

みなさん悩んでいましたが…そう!ラマはラクダ科なんです!びっくり!

ほかにも、「ラマの鳴き声はどれかな?」「ラマの足はどれかな?」

などなど、大人も子どもも楽しめるクイズがたくさん盛り込まれていました。

後半は、仙台市博物館から佐々木学芸員が、リャマとアンデス文化の深~い関係について、開催中の古代アンデス文明展の資料から説明しました。各分野の面白いを出し、分かりやすく興味を持ってもらうようにしました。

また、ロビーに展示した、オセロ君の等身大パネルも大変人気があり、実際の大きさを体験してもらったり、記念撮影をしてもらったりしました。

お客様からは、「仙台市博物館の古代アンデス文明展をよりいっそう楽しめた」「セルコホームズーパラダイス八木山のオセロ君にも会いに行きたくなった」などの声も聞かれました。ご参加されたみなさん、ありがとうございました。

 

(仙台市博物館 小田嶋)

 

【お問い合わせ】
仙台市博物館(022-225-3074)

LINEで送る
Pocket