見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
tel:022-713-4483
fax:022-713-4482
email:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
SMMAクロスイベント 「歴ネットクイズラリー」実施報告(レポート)

仙台歴史ミュージアムネットワーク(歴ネット)では,令和2年度も「歴ネットクイズラリー」を歴ネット参加館9館で実施しました。今回は今年度の様子について報告をいたします。

 

■歴ネットクイズラリーとは?

「歴ネットクイズラリー」とは,市民や観光客の皆様に,仙台市内の歴史ミュージアムを巡っていただき,仙台の歴史・文化に広く触れてもらうことを目的とした企画です。

ここで,歴ネットクイズラリーの参加方法について簡単に紹介します。

まず,歴ネット参加館9館のいずれかの館を訪れたら,クイズラリーの台紙を1枚受け取ります。どこの館から訪れていただいても構いません。そして,展示をご覧になり,各館オリジナルの3択クイズに答えて台紙の回答欄に記入します。その後,答え合わせのコーナーに行って答えを確認し,正解したら台紙にスタンプを押します。

4館を巡ってクイズに答え,スタンプを4つ集めた方には,4館達成記念グッズとして「歴ネットクリアブック」をプレゼントしています。さらに,8館以上を巡ってクイズに答え,スタンプを8つ以上集めた方には8館以上達成記念グッズとして「各館オリジナルグッズ詰め合わせセット」をプレゼントしています。

オリジナルグッズ詰め合わせセットには,毎年その年限定の歴ネットグッズが入っており,今年度は歴ネット特製のオリジナルマグネットが入っていました。

平成26年からスタートしたこの企画も,今回で7回目となり,市内外から多くの方々にご参加いただくなど,認知度も高まっています。

 

■開催期間

令和2年9月1日(火)~令和3年1月31日(日)

※仙台市博物館は臨時休館のため,令和2年10月6日(火)~令和3年1月31日(日)

 

 

今年度は,新型コロナウイルス感染症の影響で開催も危ぶまれた「歴ネットクイズラリー」でしたが,各館で感染症対策の徹底を図った上で,予定通り開催しました。

実施してみると,コロナ禍で近場の観光を楽しむ市民の方が増えたことも影響して,4館,8館以上達成の方が昨年度に比べて倍増するなど,大変多くの方にご参加いただくことができました。

また,参加者アンケートを見ると,小学生からシニアの皆様まで幅広い年齢の方々やリピーターの方々のご参加があり,「仙台市内の歴史ミュージアムも巡るいいきっかけになった」「いろいろなところを見られて楽しかった」「どの施設のスタンプもこっていてどんなのが押されるか楽しみになった」「毎年プレゼントが楽しみ」「今後も続けてほしい」というご感想をいただきました。

たくさんのご参加,ありがとうございました。

 

 

【4館・8館以上達成記念グッズ】

   
4館以上プレゼント(歴ネットクリアブック)     8館以上プレゼント(各館オリジナルグッズ詰め合わせ,歴ネットマグネット)

【各館の様子】

  
仙台市博物館                  仙台城見聞館            仙台市縄文の森広場

  
瑞鳳殿                   仙台市富沢遺跡保存館           仙台市戦災復興記念館

  
史跡陸奥国分寺・尼寺跡ガイダンス施設      仙台市歴史民俗資料館    仙台文学館

 

(仙台市博物館・歴ネット事務局)

★お問い合わせ先

歴ネット事務局 仙台市博物館
〒980-0862 仙台市青葉区川内26〈仙台城三の丸跡〉
電話:022-225-3074

 

LINEで送る
Pocket