見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
railway
railway
鉄道交流ブックレット03号『図録 仙山線交流電化試験』

Booklet03_表紙アウトライン

本誌は、第22回企画展「仙山線交流電化試験−日本の鉄道を新幹線へと導いた開発秘話−」(2014年8月1日~11月1日開催)のまとめとして編集した展示図録です。
仙山線は国鉄の交流電化試験の舞台となった路線。この試験の成功が日本の地方路線の近代化や高速鉄道の発展に大きく影響したと言われています。企画展では、その交流電化試験の全貌がどのようなものだったのかを、これまでの企画展では焦点をあててこなかった、本庁に組織された交流電化調査委員会関係資料や、地上施設建設と第1期静的試験関係資料も含めご紹介しました。
本図録は、企画展を見た方々からの図録をとのご要望もあり、また展示をご覧いただけなかった方々にも仙山線の歴史に触れていただけるよう、基本的に展示の構成を踏まえて編集しています。さらに、企画展開催時には発見が間に合わなかった資料ですが、東京電気工事局電力関係職員OB会・大塚会の会報『大塚会三十年』から交流電化試験関係者の回想録を貴重な証言として再収録しております。
ブックレット01号『交流電化と鉄道の発展~仙山線での試作電気機関車性能試験~』[改訂版]と合わせてご覧にいただければと存じます。

 

■目次:
・仙山線と交流電化
・仙山線のプロフィール
・国鉄交流電化調査委員会の設立
・交流電化試験の概要
<交流整流子電動機式(直接形)機関車ED44 1>
<水銀整流器式(間接形)機関車 ED45 1>
<水銀整流器式(間接形)機関車 ED45 11>
<水銀整流器式(間接形)機関車 ED45 21>
・交流電化調査班によるヨーロッパ視察と輸入交渉
・交流電化調査委員会の最終報告
<トピック>仙山線を訪れた人々
・交流電化開業
・試験の継続と交流電化の発展
・鉄道模型で見る交流電気機関車の発展
・仙山線交流電化試験と鉄道の電化年表
<トピック>八倒会
・再録『大塚会三十年』より
・関係者の随想から
「蘇る交流電化試験工事の話」内田克男
「仙山線交流電化 炉辺談話」南條邦雄
・昭和28年~33年4月河北新報紙に掲載された仙山線交流電化試験関連記事

 

■編集・発行:東北福祉大学・鉄道交流ステーション
■監修:関秋生
■仕様:A4判 80ページ
■価格:1300円(窓口直接購入割引 1100円)
■購入方法:発行部数が僅少のため、冊子が無くなり次第終了とさせていただきます。万一の場合はご容赦下さい。
1)直接購入する
→鉄道交流ステーション展示室・受付窓口でお求めください。
2)代金を現金書留、もしくは郵便小為替を郵送して購入する
→ブックレットの番号・住所・氏名・電話番号・注文冊数を記入した用紙と、代金1冊あたり1300円(2冊まで送料無料)を同封の上、下記までお申し込みください。
〒981-8523 仙台市青葉区国見1丁目19-1 東北福祉大学ステーションキャンパス3F
鉄道交流ステーション「ブックレット係」
3)銀行振込で購入する
→FAXまたは鉄道交流ステーションホームページの申込フォームから、住所・氏名・電話番号・FAX番号・注文冊数を記入してお申し込みください。
注文を確認次第、予約受付番号と口座番号をお知らせいたしますので、一週間以内にご送金ください。
※振込手数料はご負担下さい。銀行への入金が確認でき次第、冊子を発送いたします。

 

【お問い合わせ】
東北福祉大学・鉄道交流ステーション
TEL:022-728-6612 ※開館時のみ

LINEで送る
Pocket