見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
NEWS
おうちでミュージアムを楽しもう!2

だんだんと空気が夏らしくなってきました。ミュージアムは感染対策をとりながら少しずつ再開しています。
まだまだ外出には注意が必要ですね。前回に引き続き、おうちで過ごす時間が楽しくなるミュージアムの取り組みを紹介します。

 

東北福祉大学・鉄道交流ステーション 「大回りで行く やさしい鉄道探検隊」

東北福祉大学・鉄道交流ステーションでは 第39回企画展「大回りで行く やさしい鉄道探検隊」の予告動画を配信中です。
臨時休館中により開催を延期しているこの企画展。さわりの部分だけでも伝えたいという担当者の思いから動画配信が決まりました。

東北福祉大学で福祉を学ぶ学生が車内や改札内の駅施設を探検し、鉄道の楽しさや、便利さ・不便さをレポートします。JR仙山線・東北福祉大前駅から各ルートへ出発し、遠くは山形・新庄まで。ちょっとした旅行気分も味わえます。

■第39回企画展「大回りで行く やさしい鉄道探検隊」
https://www.tfu.ac.jp/rmlc/exhibition/index.html

 

東北学院大学博物館「おうちミュージアム」

続いては、東北学院大学博物館。
北海道博物館が呼びかける「おうちミュージアム」に参加し、博物館ならではのコンテンツを紹介しています。
福島県喜多方市の灰塚山古墳の発掘調査をきっかけにできたキャラクター「ゆる首長」と「じゅうぞう」のぬり絵(どちらもとてもゆるい)、すこし難易度高め「東北学院大学博物館からの挑戦状」と題したクロスワードパズルなど、どれも楽しみながら学べます。

また、以前「旬の見験楽学便」の表紙も飾った墨書人面土器。

この土器はなんと「ふくわらい」になっています。とてもユニークな顔をしていますが、もっと面白い顔になりそうですね。ぜひお試しください。

■東北学院大学博物館「おうちミュージアム」特設ページ
http://www.ipc.tohoku-gakuin.ac.jp/tgum/ouchi/

 

どちらの施設も臨時休館中(2020.6.9 現在)ですが、再開が待ち遠しいですね。再開したらぜひ足を運んでみてください!

 

LINEで送る
Pocket