見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
NEWS
地底の森ミュージアム 「森の花火」

  晩夏を迎えた地底の森ミュージアムの野外展示「氷河期の森」には、花に誘われチョウたちがやってきます。ほぼ満開になったサワギキョウ(橋のそば、園路沿い)にはアゲハチョウが、黄色が目立つキク科のハンゴンソウ(園路沿い)にベニシジミがやってきました。

▲アゲハチョウとサワギキョウ

▲ハンゴンソウとベニシジミ

 また、コバギボウシ(ユリ科)やヤナギラン(アカバナ科)のさわやかな紫色は、残暑に涼味を感じさせます。
 池の上には、赤トンボやシオカラトンボが増えてきました。 
 夏のおわりの氷河期の森は、今を盛りとばかりにさまざまな色にあふれ、それはさながら「森の花火」のようにも見えます。そんな色あざやかな氷河期の森を散策してみませんか。


▲ヤナギラン


▲コバギボウシ

特別企画展「発掘富沢!!─30年のあゆみ─」を、2012(平成24)年9月17日(日)まで開催しています。

☆地底の森ミュージアムでは、ホームページ内の「富沢博士だより」というコーナーで、さまざまな旬のトピックをお伝えしています。ぜひご覧ください。

【お問い合わせ】 
地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館) TEL:022-246-9153

LINEで送る
Pocket