見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
NEWS
五感の都市へ 仙台芸術遊泳2009

仙台圏の視覚芸術振興を目的とした「仙台視覚芸術振興ネットワーク SCAN(Sendai Contemporary Art Network)」による現代アートのイベントです。2009年は、参加館11館(12会場)にて、冬の仙台を彩ります。

-せんだいメディアテーク-
■光の航跡 高橋匡太 
会期:11月22日(日)-12月24日(木) 10:00-19:00
   *光のページェント点灯後の12月12日(土)からは21時まで延長
会場:せんだいメディアテーク6階ギャラリー
入場料:一般・大学生300円、高校生以下無料
光を用いた現代アートを紹介するシリーズ企画。3回目となる今回は、野外での映像投影や蛍光管を用いた表現で活躍する高橋匡太が、6階ギャラリーでダイナミックなインスタレーションを行います。

■関連イベント スタジオレクチャー vol.2 「場」としてのミュージアムの可能性
開催日程:10月24日(土)14:00-15:30、16:00-17:30
25日(日)14:00-15:30、16:00-17:30 
会場:せんだいメディアテーク7階スタジオa
定員:各回30名(要申込、先着順)
参加費:各回500円(飲み物付き)
申込方法:電子メールまたはファックスに、催し名、参加回、〒住所、氏名、年齢、電話番号、電子メールアドレスを記入して、せんだいメディアテークまで
アートやミュージアムをめぐる現在の課題について、幅広い視野から、ゲストとコーディネーターが対談形式で考察します。4回連続講座。
コーディネーター:小崎哲哉(ARTit編集長)、ゲスト:ヴィヴィアン佐藤(映画評論家)、木幡和枝(アート・プロデューサー)、戌井昭人(鉄割アルバトロスケット)

■アートセンター円卓会議2 キュレーターズ・ビジョン――アートセンターの未来像
会期:12月20日(日)13:00-17:00
会場:せんだいメディアテーク 1階オープンスクエア
参加:無料(カフェテーブルは飲食代必要)
2005年に引き続き第2回目を迎える「アートセンター円卓会議」は、アーティスト・イン・レジデンスや市民参加の創造活動、ジャンル横断的な現代アート・プログラムなどを特色とする各地の「アートセンター」からキュレーターが集まり、活動事例を紹介し合いながら、アートセンターの未来像について意見交換する公開イベントです。
参加館(予定):札幌S-AIR、十和田市現代美術館、金津創作の森、秋吉台国際芸術村

お問い合せ、申込み:せんだいメディアテーク企画・活動支援室 電話 022-713-4483、FAX 022-713-4482、電子メール office@smt.city.sendai.jp

-宮城県美術館-
■おとなの図工 松本秋則「奏でるかたち-サウンド・オブジェをつくる」
会期:展示 11月21日(土)-12月10日(木)
    ワークショップ 11月22日(日)-11月23日(月・祝)各日とも13:00-16:00
会場:宮城県美術館創作室ロビーほか館内
ワークショップ参加:無料、18才以上対象、要申込、定員20名(事前に宮城県美術館創作室022-221-2114まで電話でお申込み下さい。) 
松本秋則のサウンド・オブジェの展示と、その制作ワークショップを行います。

お問い合せ:宮城県美術館 電話 022-221-2111

-仙台市天文台-
■平野治朗 120億光年の旅
会期:11月18日(水)-12月20日(日)
会場:仙台市天文台常設展示室内
入場料:展示室観覧料が必要です(一般600円 高校生350円 小・中学生250円)
現在から宇宙の始まりといわれる120億年前までを映像と音響によってたどっていく平野治朗の作品< <120億光年の旅>>を常設展示のなかに設置します。

お問い合せ:仙台市天文台 電話 022-391-1300

-仙台市歴史民俗資料館-
■なつかしい音と灯り 真空管ラジオ
会期:12月12日(土)-12月27日(日)
会場:歴史民俗資料館 学習室
テレビのなかった時代、戦前・戦後ラジオは人々の唯一の楽しみでした。今回の展示では、真空管の灯りとラジオの音色を楽しんでいただくことができます。
入館料:一般・大学生 200円 (160円)、高校生 150円 (120円)、小・中学生 100円 (80円)*()内は30名以上の団体料金

■関連講座 なつかしの真空管ラジオ
 日時:12月12日(土)13:30-15:00
 講師 笹川 皓(真空管ラジオ収集家)

お問い合せ:仙台市歴史民俗資料館 電話 022-295-3956

-仙台文学館-
■音俳句ワークショップ
日時:11月29日(日)13:30-15:30
会場:文学館企画展示室
協力:パイオニア、FesLab(フェスラボ)
新しいフェスティバルについて研究する在仙の集団FesLabがコーディネートし、パイオニアと俳人夏井いつき氏が進めるプロジェクト「音俳句」のワークショップを行います。暗闇の中で、高音質録音された、さまざまな環境音を聴き、想像力を働かせて句を作ります。
*この企画は「仙台文学館ゼミナール2009 俳句実作講座」の参加者を対象に実施します。

お問い合せ:仙台文学館 電話022-271-3020

-東北工業大学一番町ロビー-
■フォトシンセシス 光の梢
会期:12月23日(水・祝)-12月27日(日)10:00-20:00
会場:東北工業大学一番町ロビー1階ギャラリー
入場:無料
光源から放たれた光・映像と、空間に配置された装置の間で起こる化学反応。在仙のデザイナー渡邉武海と東北工業大学の学生有志団体colors が、ガラス張りのギャラリースペースを満たす光のインスタレーションを展開します。(監修:槻橋修)

お問い合せ:東北工業大学一番町ロビー 電話 022-723-0538

-まほろばホール(大和町ふれあい文化創造センター)-
■陶あかりワークショップ
開催日程:制作 10月15日(木)、10月22日(木)、10月29日(木)、11月5日(木)各日とも18:00~20:00(全4回で1作品の制作となります。)
会場:まほろばホール
定員:20名(要申込、定員になり次第締め切り)
参加費:2000円(材料代)
申込方法:電話にて10月13日(火)までに、まほろばホールへ。
鑑賞会:12月13日(日)、14日(月)両日とも16:30-17:30(吉岡八幡神社)
講師:高倉健
陶芸に明かりを灯すあかりとり「陶あかり」を作ります。また、完成した作品は12月13日、14日の夜、島田飴まつりの参道に展示し、夜の島田飴まつりを明かりで演出します。
*この事業は「みやぎ芸術銀河2009」との共催です。

お問い合せ:まほろばホール 電話022-344-4401

■高倉健「陶あかり」作品展示
開催日程:11月17日(火)~12月15日(火)
会場:原阿佐緒記念館  黒川郡大和町宮床字八坊原19-2(仙台駅から車で約1時間)
入館料:大人210円 大学生160円 高校生・中学生110円 小学生以下無料
高倉健氏の陶に灯された明かり「陶あかり」作品を展示します。作品と作品からの柔らかな光が、歌人原阿佐緒の光の歌と共に、明治時代に建てられた擬洋風建築の館を彩ります。

お問い合せ:原阿佐緒記念館 電話022-346-2925

-菅野美術館-
■塩竈ナイトミュージアム -陰翳礼讃-
会期:12月16日(水)-12月27日(日)17:00-20:00
(12月21日(月)、22日(火)は休館)
アーティストトーク 12月19日(土)18:00から
(入場料のみで参加可。申込みは電話にて)
会場:菅野美術館
入館料:500円 (申込不要)
暗闇に、うっすらと差し込む月明かり、ほんのりと照らし出される白い壁、あわく浮かび上がる彫刻のフォルム。美術館の夜の表情をデザインユニットyokai_DESIGNが光と影で演出します。冬の夜、濃い闇に揺らめく明かりと、彫刻作品が織り成す“ナイトミュージアム”をご堪能下さい。

お問い合せ:菅野美術館 電話 022-361-1222

-大崎市民ギャラリー緒絶の館-
■奏でるかたち- 竹をきく 竹とあそぶ
会期:12月12日(土)-12月23日(水・祝)
会場:大崎市民ギャラリー緒絶の館
竹を使った音の出る作品を展開する松本秋則によるサウンド・オブジェの展示と体温で動く作品の制作ワークショップを行ないます。

■松本秋則ワークショップ「体温で動くモビールをつくろう」
12月12日(土)、12月23日(水・祝) 午後1時から2時間程度
参加:無料、両日とも先着30名(応募多数の場合は抽選)、未就学児は保護者同伴
申込方法:「ワークショップ参加希望」と明記し、①参加希望日 ②氏名 ③年齢 ④住所 ⑤電話番号 を記入の上ハガキにて。11月30日消印まで。

お問い合せ:大崎市民ギャラリー緒絶の館 電話 0229-21-1466

-感覚ミュージアム-
■八木澤優記 シンクロするオーロラ
会期:12月5日(土)-12月13日(日)9:30-17:00
会場:感覚ミュージアム モノローグゾーン
入館料:大人500円 高校生300円 小中学生250円
メディア・アーティスト八木澤優記による、揺らめきで光が変化するカーテン状のインタラクティブ作品を展示します。

■感覚ナイトミュージアム
日時:12月5日(土)17:30-20:00
場所:感覚ミュージアム
入館料:大人500円 高校生300円 小中学生250円
ワークショップ参加無料(定員になり次第締め切り)
夜しか体験できない演出とともに、常設展示作品「サークル・ン・サークル」の制作者・福井裕司による、全身を使い光の軌道で絵を描くワークショップを開催します。

お問い合せ:感覚ミュージアム 電話 0229-72-5588

-リアス・アーク美術館-
■「若生奇妙子」展 N.E.blood 21 vol.40
会期:11月21日(土)-12月27日(日) 
会場:リアスアーク美術館 
N.E.blood 21通算40回展となる本展では宮城県名取市在住の「若生奇妙子(わこうきみょうし)」の木版画作品を紹介します。
*リアスアーク美術館文化祭「方舟祭2009」も同時開催(10月7日(水)から12月6日(日)まで)

お問い合せ:リアス・アーク美術館 電話0226-24-1611 

LINEで送る
Pocket