見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
NEWS
せんだいメディアテーク「あなたの生活品、2000点ほど、お借りできませんか?」

せんだいメディアテーク開館10周年事業「いま、バリアとはなにか」6階ギャラリーの展覧会で作品を発表する小山田徹さんの制作に協力していただける方を募集しています。

===
「あなたの生活品、2000点ほど、お借りできませんか?」

私達はこの秋の企画展に於いて、展示プロジェクトの核となる協力者を探しています。個人の家に存在する生活品の数々を2000点ほどお借りしたいのです。
私達は今現在、人類史上最も豊かな物質文明の世に生きています。家には必要、不必要を含め、溢れんばかりの物モノが溢れており、押し入れの中や引き出しの奥、戸棚、倉庫には忘却された物モノが沈潜蓄積したりしています。
それらの物モノは、個人とモノの非常にプライベートな関係の歴史の蓄積であるのですが、それを公の視線に晒すことによって、パブリックな物質性を逆に考察出来るのではと思っています。個と公の物質性の相対的関係性の考察を通して、関係性の境界、制度的境界等を見つめてみようと思っています。
理想的には、一家族の生活空間一切を見せて頂いて、その中から2000点あまりを選ばせて頂き、展示に3ヶ月間程お借り出来る方を求めています。もしくは、押し入れの中だけ、倉庫の中だけだったらOKという方でもお知らせいただけたら嬉しいです。

・お借りする物モノはメディアテーク6階ギャラリーで吊り下げる形で展示します。
・展示品には観客は触れません。
・個人情報等の保護に関しては相談の上展示方法を検討します。
・最終的に不要な物の処分は会期後、こちらで処分させていただきます。
・お借りする時は、当方でお宅を訪問させて頂き、選別、梱包、搬出等をします。
・会期終了後は当方で運搬、返却します。
・貸し出し品の中で、日常生活に支障が出るものに関しては、相談の上代用品等を揃えます。

 

そろそろ生活を一変したい方。澱の様にたまった不要品を処分したい方。丁度3ヶ月間くらい家を空ける(不在)の方。この企画に興味をお持ちの方。よろしく御協力を!
小山田 徹
===

 

説明会開催
小山田徹さんによる説明会を行います。生活品の提供はできないけれど、興味がある方、制作に協力してくれる方も大歓迎です。みなさまのご参加をお待ちしております。
日時:2010年7月10日(土)14:00から16:00まで
場所:メディアテーク7階スタジオd
申込方法:電子メール(office@smt.city.sendai.jp)で、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号をご記入の上、せんだいメディアテーク企画・活動支援室内「いま、バリアとはなにか協力者募集」係まで。
締切:7月9日

 

詳しくはせんだいメディアテークのホームページよりご確認ください。

 

問合せ:せんだいメディアテーク企画・活動支援室 電話(022)713-4483

LINEで送る
Pocket