見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
ミュージアムに行こう イベント情報アプリ ミュージアムに行こう イベント情報アプリ
  • iPhone / iPad
  • Android
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp

 . 社会福祉法人共生福祉会 福島美術館 .
仙台の実業家・福島家3代が収集した作品約3000点を元に、年3回(春・秋・新春)の企画展を開催。伊達政宗をはじめとする仙台藩伊達家旧蔵品や、大年寺什物・黄檗宗関連資料、仙台藩御用絵師・菊田伊洲や福島家縁の郷土の画家・遠藤速雄など、近世~近代の書画が中心です。設立者・福島禎蔵が愛用していた茶道具・文房具といった美術工芸品や古書らも併せて展示。仙台・街のちいさな美術館で、みやぎのタイムカプセルをお楽しみください。

休館日
毎週月曜日、毎月第一日曜日、休日の翌日、お盆、年末年始

開館時間
9:00~16:30

入館料
■企画展 一般:400円、70歳以上・大学生:300円
■常設展 一律:100円
※但し、企画・常設展共に高校生以下・障がい者の方(付添1名)は無料

〒984-0065
仙台市若林区土樋288-2
TEL : 022-266-1535
FAX : 022-266-1536
http://www.fukushima-museum.jp

 . 仙台うみの杜水族館 .
水環境をはじめとする自然の再生をみつめ、力強く未来へ向かう東北を示すことにより、訪れる人々に勇気や活力を感じていただける水族館を目指し、「復興を象徴する水族館」として、地域の皆さまとともに歩んでまいります。豊かな日本の海、自然環境を体感できる大水槽や川の水槽をはじめ、生きものを通じて世界との絆を体感できるゾーン、海の動物たちによる東北最大級のパフォーマンス、ペンギンやアシカ等とのふれあいによる癒し体験など、たくさんの魅力的なコンテンツを提供してまいります。

休館日
なし

開館時間
通常期 9:00〜18:30(最終入館18:00まで)
夏期 9:00〜19:30(最終入館19:00まで)
冬期 9:00〜17:30(最終入館17:00まで)

入館料
大人:2100円(団体15名以上1890円、年間パスポート4200円)
高校生・中学生:1600円(団体15名以上1440円、年間パスポート3200円)
小学生:1100円(団体15名以上990円、年間パスポート2200円)
幼児(4才以上):600円(団体15名以上540円、年間パスポート1200円)
シニア(65才以上):1600円(団体15名以上1440円、年間パスポート3200円)
※身体障がい者手帳・精神障がい者保険福祉手帳・療育手帳をお持ちのお客さまは割引あり

〒983-0013
宮城県仙台市宮城野区中野4-6
TEL : 022-355-2222
FAX : 022-355-2225
http://www.uminomori.jp

 . せんだい3.11 メモリアル交流館 .
2011年3月11日。大きな痛みとともに、数々の大切なことを私たちの中に呼び覚ますことになったあの日を起点にして、過去を見つめ直し、今までを振り返りながら、これからをともに考え、語り合い、自由に表現する。せんだい3.11メモリアル交流館は、東日本大震災を知り学ぶための場であるとともに、津波により大きな被害を受けた仙台市東部沿岸地域への玄関口でもあります。記憶と経験を媒介に、コミュニケーションを通じて知恵と教訓を紡ぎだし、未来へ、世界へとつないでいく拠点です。

休館日
毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日(土・日曜日、祝日を除く)、年末年始、臨時休館日

開館時間
10:00~17:00

入館料
無料

〒984-0032
宮城県仙台市若林区荒井字沓形85-4(地下鉄東西線荒井駅舎内)
TEL : 022-390-9022
http://sendai311-memorial.jp/

 . スリーエム仙台市科学館 .
緑豊かな台原森林公園内に建ち、自然史系、理工系、生活系の3つの展示室のほか、岩石や植物の屋外展示もある。また、館内はコンピュータネットワークで結ばれ、館内体験、動植物や化学薬品などの検索もできる「参加・体験型」の総合科学館です。

休館日
毎週月曜日(祝・休日の場合はその翌日) 祝・休日の翌日(日曜日を除く)
毎月第4木曜日(保守点検休館日) 年末年始

開館時間
9:00~16:45(入館は16:00まで)

入館料
一般・大学生:540円(団体30人以上:430円)
高校生:320円(団体30人以上:260円)
小・中学生210円(団体30人以上:170円)

〒981-0903
仙台市青葉区台原森林公園4-1
TEL : 022-276-2201
FAX : 022-276-2204
http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/

 . 仙台市縄文の森広場 .
約4,000年前の縄文ムラ「山田上ノ台遺跡」の様子をご覧いただきながら、縄文時代の暮らしをさまざまな体験活動を通して感じていただく施設です。勾玉や土器づくり等はいつでもご予約なしで体験できます(材料費要、10名以上は事前申込要)。縄文まつりやコンサートなどのイベントも多数行っております。

休館日
月曜日(休日は開館)、休日の翌日(土・日曜日、休日は開館)、第4木曜日(12月休日を除く)、年末年始

開館時間
9:00~16:45
(入館は16:15まで、体験活動受付は15:00まで)

入館料
入館料 一般:200円(団体30人以上:160円)、高校生:150円(団体30人以上:120円)、
小・中学生:100円(団体30人以上:80円)、子供無料デー:5/5
※地底の森ミュージアムとの共通入場券【一般490円、高校生280円、小・中学生150円】

〒982-0815
仙台市太白区山田上ノ台町10-1
TEL : 022-307-5665
FAX : 022-743-6771
http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~jyoumon/

 . 仙台市天文台 .
PPP(Public Private Partnership)のPFI(Private Finance Initiative)としては,全国的にも珍しい博物館運営を行っているのが仙台市天文台です。日本屈指の大きさを誇る「ひとみ望遠鏡」,水平型では日本最大級のプラネタリウム,天文に特化した展示としては日本で1番大きな展示室の3つを備えています。「宇宙を身近に!」をミッションとし,土曜日には夜21時30分まで開館し,ひとみ望遠鏡での観望会も開催しています。

休館日
水曜日・第3火曜日(祝日の場合は翌日)ただし学校長期休業期間は開館、年末年始

開館時間
9:00~17:00(土曜は21:30まで)

入館料
■展示室 一般:600円(団体30人以上:480円)高校生:350円(団体30人以上:280円)小・中学生:250円(団体30人以上:200円)
■プラネタリウム 一般:600円(団体30人以上:480円) 高校生:350円(団体30人以上:280円)小・中学生:250円(団体30人以上:200円)
■セット券(展示室+プラネタリウム) 一般:1000円(団体30人以上:800円)高校生:600円(団体30人以上:480円)小・中学生:400円(団体30人以上:320円)
■天体観望会 一般・高校生200円 小・中学生100円

〒989-3123
仙台市青葉区錦ケ丘九丁目29-32
TEL : 022-391-1300
FAX : 022-391-1301
http://www.sendai-astro.jp/

 . 地底の森ミュージアム 富沢遺跡保存館 .
富沢遺跡から発見された2万年前の人間の生活跡と森林跡を保存し、公開しています。それに関連した常設展示と氷河期の森を復元した野外展示も行っています。また、年4回の企画展やさまざまな講座・体験教室を予定しています。

休館日
月曜日(休日は開館)、休日の翌日(土・日曜日、休日は開館)、第4木曜日(12月休日を除く)、年末年始

開館時間
9:00~16:45(入館は16:15まで)

入館料
一般:460円(団体30人以上:360円)
高校生:230円(団体30人以上:180円)
小・中学生:110円(団体30人以上:90円)
子供無料デー:5/5

〒982-0012
仙台市太白区長町南四丁目3-1
TEL : 022-246-9153
FAX : 022-246-9158
http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~chiteinomori/

 . 仙台市博物館 .
季節ごとに年4回の展示替えを行う常設展のほか、数回の特別展・企画展を開催しています。

休館日
月曜日(祝・休日の場合は開館)、祝・休日の翌日(土・日曜日、祝日の場合は開館)、年末年始

開館時間
9:00~16:45(入館は16:15まで)

入館料
一般・大学生:460円(団体30人以上:360円)
高校生:230円(団体30人以上:180円)
小・中学生:110円(団体30人以上:90円)※特別展観覧料は別途定めます
子ども無料デー 5/5(小・中学生)

〒980-0862
仙台市青葉区川内26番地〈仙台城三の丸跡〉
TEL : 022-225-3074
FAX : 022-225-2558
http://www.city.sendai.jp/hakubutsu-shomu/hakubutsukan/

 . 八木山動物公園 .
1965年開園。広大な敷地に約129種類の動物を飼育。アフリカゾウ、キリン、カバなどが自然に近い状態で展示されている「アフリカ園」、世界の三つの気候帯に暮らすライオン、スマトラトラ、ホッキョクグマとその生息地を再現した「猛獣舎」、大人気のレッサーパンダやサル山、ヘビやカメが暮らす「爬虫類館」など、見所いっぱいです。また、希少種のシジュウカラガンの保護・繁殖にも取り組んでいます。

休園日
毎月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、年末年始

開園時間
3月~10月9:00~16:45(入園は16:00まで)
11月~2月9:00~16:00(入園は15:00まで)

入園料
一般・大学生・高校生:480円(団体30人以上:380円)
小・中学生:120円(団体30人以上:90円)

〒982-0801
仙台市太白区八木山本町一丁目43
TEL : 022-229-0631
FAX : 022-229-8419

http://www.city.sendai.jp/yagiyama-kanri/dobutsukoen/

 . 仙台市歴史民俗資料館 .
昭和54年(1979)11月3日に開館し、平成21年(2009年)で開館30周年を迎えました。 仙台とその周辺地域の庶民のくらし(農家や町場の生活)、街の歴史に関する資料を収集保管し展示紹介する施設です。収蔵資料は約7万点に及びますが、そのほとんどは市民の方々からの寄贈です。建物は明治7年(1874)の建築で宮城県内最古の洋風木造建築物で、仙台市の有形文化財に指定されています。また、旧日本陸軍歩兵第4連隊の兵舎として使われた歴史もあることから、軍隊や平和に関する資料の収集、展示などにも積極的に取りくんでいます。

休館日
月曜日、休日の翌日、第4木曜日(12月を除く)、年末年始

開館時間
9:00~16:45(入館は16:15まで)

入館料
一般・大学生:240円(団体30人以上:190円)
高校生:180円(団体30人以上:140円)
小・中学生:120円(団体30人以上:90円)

〒983-0842
仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL : 022-295-3956
FAX : 022-257-6401
http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/

 . 仙台文学館 .
土井晩翠、島崎藤村ら郷土ゆかりの文学者を中心に関連する資料を収集・保存し、宮城の近代文学をわかりやすい形でご紹介するほか、講演会やワークショップなども企画しています。緑豊かな環境の中で、ゆったりとしたひとときをお過ごしいただけます。

休館日
月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)、休日の翌日(日曜日・祝日の場合は開館)、第4木曜日(12月を除く)、年末年始

開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)

入館料
一般・大学生:460円(団体30人以上: 360円)
高校生:230円(団体30人以上:180円)
小・中学生:110円(団体30人以上:90円)
※特別展観覧料は別途定めます

〒981-0902
仙台市青葉区北根2-7-1
TEL : 022-271-3020
FAX : 022-271-3044
http://www.sendai-lit.jp/

 . せんだいメディアテーク .
アートギャラリー、図書館、映像メディアセンター、 目や耳の不自由なかたへの情報提供という4つの機能を融合した複合文化施設。美術や映像文化の活動拠点であると同時に、すべての人々がさまざまなメディアを通じて自由に情報のやりとりを行い、使いこなせるよう、「最先端の知と文化を提供(サービス)」、「端末(ターミナル)ではなく節点(ノード)へ」、「あらゆる障壁(バリア)からの自由」の3つの理念のもとに、様々なサービスを行っています。

休館日
第4木曜日(12月を除く)、年末年始

開館時間
9:00~22:00 ※一部サービスは時間が異なります。

入館料
無料

〒980-0821
仙台市青葉区春日町2-1
TEL : 022-713-3171
FAX : 022-713-4482
http://www.smt.jp/

 . 東北学院大学博物館 .
東北学院大学博物館は、本学土樋キャンパスに隣接して建つ大学博物館です。本学の歴史や文化の研究にかんする学術資料を、収集整理、保管、公開、普及し、その成果を社会に伝えることを目的としています。また大学生の博物館学芸員資格課程の実習施設としての役割を担い、実物資料を用いた学習機会を提供しています。近年は、被災地での文化創造活動や、大学博物館同士の連携による様々な企画と交流に、積極的に取り組んでいます。

休館日
日曜日、祝日・休日、大学の定める休業日

開館時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)

入館料
一般:200円
※学校法人東北学院の役員・教職員・学生・生徒・園児・旧役員・旧教職員は無料。
※大学同窓生は、ホームカミング・デー等の館長の定める行事日は無料。
※未就学児、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校もしくは高等専門学校の児童、生徒又は学生、65歳以上の方、障害者基本法に定める障害者と介護者1名は無料。

〒980-8511
宮城県仙台市青葉区土樋1-3-1
TEL : 022-264-6920
FAX : 022-264-6917
http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/facilities/museum/

 . 東北大学総合学術博物館 .
東北大学総合学術博物館は、創立以来100年の歴史の中で、人文科学・社会科学・自然科学・工学などの教育研究を通じて、蓄積された学術資料標本を一括して集中管理すると共に、標本を用いた研究を学内外の研究者と共同で行い、さらには、大学のシンボル的存在として最新の研究成果を地域社会に広く伝えるための機関です。総合学術博物館の建物については現在建設計画途中ですので、理学部自然史標本館を共用して常設展示やミニ企画展示を行なっています。

休館日
毎月曜日(休日のときは翌日)、年末年始

開館時間
10:00~16:00

入館料
一般・大学生・高校生:150円(団体20人以上:120円)
小・中学生:80円(団体20人以上:60円)
文化の日は無料デー

〒980-8578
仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
TEL : 022-795-6767
FAX : 022-795-6767
http://www.museum.tohoku.ac.jp/

 . 東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館 .
人間国宝(型絵染)で、日本を代表する染色工芸家芹沢銈介の作品と制作の源泉となる型紙、そして生前に収集した世界各国の工芸品を紹介しています。テーマを設けて年4回の展示替えを行い、ゆったりと憩える展示空間構成を心がけています。企画展毎のワークショップも参加できます。

休館日
日曜日・祝日、展示替え期間、入学試験日

開館時間
10:00~16:30(16:00まで入館)

入館料
一般:300円(団体20名以上:200円)
学生:200円(団体20名以上:100円)
高校生以下・障がい者と介助者1名は無料

〒981-8522
仙台市青葉区国見一丁目8-1
TEL : 022-717-3318
FAX : 022-717-3324
http://www.tfu.ac.jp/kogeikan/

 . 東北福祉大学・鉄道交流ステーション .
JR仙山線の「東北福祉大前駅」開業を機に開設された、大学が運営する鉄道資料館です。地域の歴史や文化を理解し未来を語り合う場として、学生のみならず、地域の皆様にも利用していただき、鉄道を通して交流の輪を広げ、大学が地域の中で役割を果たしていくことをめざし、年3回の企画展開催のほか、講演会やブックレットの発行などの教育普及事業を行っています。また、同キャンパス内には、メルクリン社の交流式欧州型列車と、鉄道模型愛好家の皆様ご自慢の直流式日本型列車が同時に走行する模型館があり、運転会やメンテナンスは市民ボランティアで運営しています。

休館日
毎週日曜日・月曜日、祝日。ほか大学行事等により臨時休館あり。
※模型館は企画展開催週の土曜日のみ開館。

開館時間
ステーション 10:00〜16:00
模型館 11:00〜16:00

入館料
無料

〒981-8523
仙台市青葉区国見1-19-1 ステーションキャンパス館3F
TEL : 022-728-6612
FAX : 022-728-6616
http://www.tfu.ac.jp/rmlc/