見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smt
smt
いっしょにつくろう!コラージュオノマトペ
開催期間:2018年01月14日(日) 〜 2018年01月14日(日)

 

キャッサバコラージュデザインの佐藤洋美さんといっしょに、暮らしの中にあふれているオノマトペ(擬態語、擬声語)をコラージュします。その音は、あなたにとってどんな色で、どんな触感でしょうか?

 

■開催日時:2018年1月14日(日)10:00-15:30 ※12:00-13:30は受付休止

(所要時間は30分から1時間程度かかります)

■参加年齢について:

制作には、はさみもしくはカッターを使用します。小学生以下のお子様は保護者同伴でお越しください。

■作品の展示・お預かりについて:

2018年1月26日(金)〜28日(日)にメディアテークで開催する「せんだい資源ナーレ」で作品展示を行います。ご協力いただける方は、それまで作品をお預かりさせてください。

 

佐藤洋美(さとう・ひろみ)

グラフィックデザイナー、コラージュ作家。福島県伊達市出身。多摩美術大学卒業後、GRAPH入社。北川一成に師事。「捨てられない印刷物」づくりに携わる。一方で「捨てられた印刷物」を収集し、コラージュ制作も続ける。現在キャッサバコラージュデザイン代表。コラージュ印刷を駆使した、手触りのあるデザインを提案。2014年、「絵のとうに“観る”」時計ブランドTime Lagを開始。整理整頓が得意です。

 

ワケあり雑がみ部とは

不要物を利用した作品やシステムづくりで知られるアーティストの藤浩志によるプロジェクト。仙台市のごみ分別区分のひとつである「雑がみ」をテーマとして、市民参加型の部活動です。成果発表は、2018年1月に開催されるイベント「せんだい資源ナーレ」で行います。

▶ワケあり雑がみ部についてのお問い合わせ

せんだいメディアテーク企画活動支援室

TEL: 022-713-4483

E-mail: artnode@smt.city.sendai.jp

*詳細はこちらでもご確認いただけます。

 

【お問い合わせ】

せんだいメディアテーク

TEL: 022-713-4483

 

LINEで送る
Pocket