見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smt
smt
『未来の東北博覧会』をつくって、展示しよう!
開催期間:2015年08月03日(月) 〜 2015年08月06日(木)

せんだいメディアテーク2015年度の自主企画展覧会「物語りのかたち – 現在(いま)に映し出す、あったること」へ参加しませんか?このワークショップでは、参加作家の山本高之さんといっしょに、「物語りのかたち」展に出展する作品をつくります。

いまから28年前(1987年)に仙台市港地区で開催された「 ’87未来の東北博覧会」は、全国からたくさんのお客さんが集まりにぎわいました。 その当時に想い描かれた「東北の未来」とは、どんな景色だったのでしょうか?。実際にこの博覧会に出かけたことのある方々へのインタビュー映像をもとに想像をふくらませ、美術作家の山本高之さんとともに「未来の東北博覧会」のパビリオンをつくります。完成した作品は、「物語りのかたち」展に展示します。展覧会の詳細はこちら

つくるもの

段ボールや色画用紙など様々な素材を使い、「未来の東北博覧会」をイメージしてパビリオンの模型をつくります。

expoマケットプラン.jpg
山本高之さんによる展示イメージ

申し込み

日  時:2015年8月3日(月)〜6日(木) 11:00-16:00(全4日間)※参加無料

会  場:せんだいメディアテーク1階オープンスクエア

対  象:小学1年生から中学3年生
     ※全日参加できる方を対象とします 
     ※親子参加可 
     ※お弁当持参 定員:30名

参加方法:メールまたはFAX にて氏名・住所・電話番号・年齢(学年)を記載し、
     7月30日までに「物語りのかたち展係」までお申し込みください。
     定員に達した場合は、抽選となります。
     mail:office@smt.city.sendai.jp FAX:022-713-4482

講師

山本高之(やまもと たかゆき)
1974年愛知県生まれ。美術作家。愛知県立芸術大学非常勤講師。愛知教育大学初等教育教員養成課程(芸術系)卒。同大学大学院芸術教育専攻美術分野修了。チェルシー・カレッジ・オブ・アートアンドデザイン、ファインアート修士修了。2014年アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成を受け、ニューヨークに滞在。子どもの素直な感性や創造性を通し、人の意識下に潜む慣習や物事の関係性を表現する。近年のおもな個展に2011年「Novi Pakao-New Hell」(Max Artfesta、クロアチア)、2012、2013年「Facing the Unknown」(MUZZ、ケンジタキギャラリー)など。近年のおもなグループ展に、あいちトリエンナーレ2010、2012年「Phantoms of Asia: Contemporary Awakens the Past」(Asian Art museum、アメリカ)、2014年「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」(森美術館)がある。

《どんなじごくへいくかな、東京》2014年.jpg

《どんなじごくへいくのかな、東京》(2014年)

LINEで送る
Pocket