見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
museum
museum
企画展「日本民藝館所蔵品による 手仕事の日本ー柳宗悦(やなぎむねよし)のまなざしー」
開催期間:2018年04月20日(金) 〜 2018年06月03日(日)

宮城県民藝協会設立50周年記念 企画展

「日本民藝館所蔵品による 手仕事の日本ー柳宗悦(やなぎむねよし)のまなざしー」

 

大正時代末期、思想家・柳宗悦(1889-1961)は、手仕事により作られた日常の生活用具のなかに美を見出しました。柳はそれらを「民藝」と名付け、仲間とともに全国を旅して優れた民芸品の収集を進め、昭和11(1936)年、東京・駒場に日本民藝館を創設しました。

宮城県民芸協会の設立50周年を記念して開催する本展では、柳が民芸の美に目覚めるきっかけとなった作品のほか、柳が著書『手仕事の日本』で取り上げた各地の作品、東北地方の民芸品など、日本民藝館の優品118件を紹介します。近年、手仕事の良さが見直されつつあるなか、本展は日本の手仕事文化を堪能する絶好の機会となります。

 

■開催期間:2018年4月20日(金)〜6月3日(日)9:00-16:45(入館は16:15まで)

※休館日:毎週月曜日(ただし、4月30日(月祝)は開館)

■観覧料:常設展料金 一般・大学生460円、高校生230円、小・中学生110円

※このほか、団体料金や各種割引があります。

 

*関連行事

◆記念講演会:「柳宗悦の『手仕事の日本』をめぐって」

・日時:4月20日(金)13:30-15:00

・講師:杉山享司 氏(日本民藝館 学芸部長)

・会場:博物館ホール(定員200名)

・事前申込制(*募集は締め切りました)/聴講無料

◆記念講座:「柳宗悦と仙台の民芸」

・日時:5月19日(土)13:30-14:30

・講師:濱田淑子 氏(宮城県民芸協会副会長)

・会場:仙台市博物館ホール(定員200名)

・事前申込制(※)/聴講無料

申込方法:1名様につき1枚の往復はがきに、講演会名・住所・氏名(ふりがな)・電話番号を記入して、下記までお申込ください。

〒980-0862 仙台市青葉区川内26 仙台市博物館「手仕事の日本展」係

申込締切当日消印有効

◎記念講演会「柳宗悦の『手仕事の日本』をめぐって」:*募集は締め切りました

◎記念講座「柳宗悦と仙台の民芸」:4月26日(木)

 

◆民芸の映像記録「手仕事の原風景」上映

・期間:4月20日(金)〜6月3日(日)

・映像編集:マーティ・グロス 氏(映画監督)

・会場:企画展示室出口 ロビー

・常設展観覧料が必要です。

 

◆企画展関連展示「所蔵品にみる仙台・宮城の伝統工芸」

・期間:3月31日(土)〜7月8日(日)

・会場:常設展 コレクション展示室Ⅱ

本企画展に合わせ、柳宗悦が『手仕事の日本』でも取り上げた常盤紺型や埋木細工、白石紙布など館蔵の仙台・宮城の伝統工芸品を紹介します。

 

◆◆こちらの講座もおすすめです◆◆

まちなか博物館講座

東北工業大学・仙台市博物館共催事業「日本の手仕事ぐるり一周」

・日時:5月13日(日)13:30~15:00

・会場:東北工業大学一番町ロビー 2階ホール(仙台市青葉区一番町1-3-1 TMビル)

・講師:仙台市博物館学芸員 寺澤慎吾

・定員:120名(先着)

・申込不要・聴講無料

・問合先:東北工業大学一番町ロビー ℡ 022-723-0538

 

 

 

※展覧会の詳しい情報はこちらもご覧ください。

 

【お問い合わせ】

仙台市博物館

TEL: 022-225-3074

 

LINEで送る
Pocket