見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
ミュージアムに行こう イベント情報アプリ ミュージアムに行こう イベント情報アプリ
  • iPhone / iPad
  • Android
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smt
smt
細倉を記録した寺崎英子のまなざし展
開催期間:2017年10月07日(土) 〜 2017年12月26日(火)

 

時代に翻弄され

閉山した鉱山の町、細倉

人々が去り

長屋が解体された後に

寺崎英子の眼は

植物へと向かって行く---

 

宮城県北西部、奥羽山脈の山麓の町鴬沢に細倉鉱山という、鉛や亜鉛を産出した日本で有数の鉱山がありました。

1941年、旧満州に生まれた寺崎英子は、家族とともに細倉に移り住み、家業の売店を生業にしてきました。

鉱山の閉山が発表されると、寺崎はカメラを手にし、その後の細倉とそこに暮らす人々の行方を撮影してきました。

このプロジェクトは、2016年5月、75歳で亡くなった寺崎英子から託された、

約1万3千カットのネガをアーカイブし、写真集刊行を目指すものです。

今回は、アーカイブ途上のモノクロネガから約300点の写真を、撮影ノートなどの資料とともにご紹介します。

 

開催日時:2017年10月7日(土)〜12月26日(火)9:00-22:00

(最終日は17時まで/10月26日(木)は休館日)

 

*関連企画

◎座談会「ひとびとの細倉・寺崎英子と私」

12月9日(土)15時〜16時

ゲスト:熊谷巌(元細倉鉱山社員)× 笹正男(寺崎英子遺族)

聞き手:寺崎英子写真集刊行委員会スタッフ

会場:せんだいメディアテーク7階ラウンジ

 

◎下記の日程で寺崎英子写真集刊行委員会のスタッフが滞在します。(14時〜17時)

10月7日(土)、21日(土)、28日(土)

11月3日(金祝)、4日(土)、5日(日)、25日(土)、26日(日)

12月2日(土)、16日(土)、23日(土祝)

 

*寺崎英子(てらさき えいこ)

1941年、旧満州生まれ。

終戦後、宮城県鴬沢町細倉(現在の栗原市)に家族とともに移住。

幼少期に脊髄カリエスを患い闘病後、家業の商店の経理で生計を担う。

細倉鉱山の閉山が発表された直後から鉱山の町に暮らす人々を撮り始め、モノクロネガ246本、カラーネガ140本を残す。

2016年5月急逝。

 

その他の関連企画などをせんだいメディアテークのウェブサイトでご案内しています。こちらです。

 

LINEで送る
Pocket