見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
touhoku-syokubutuen
touhoku-syokubutuen
東北大学植物園 市民公開講座 受講生募集2018
受講申込締切【自然史講座:5/25(金)】【第1回植物画講座:5/15(火)】【第2回植物画講座:10/12(金)】

 

東北大学植物園では、今年度開催する市民公開講座の受講生を下記のとおり募集しています。

専門家の話を間近で聞く貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。

 

【自然史講座】コーステーマ:化石から辿る植物の進化・多様性

*各回定員80名(先着順)

第1回 化石が語る植物の歴史ー化石は生きているー(日時:6月16日(土)13:30-15:00/講師:中央大学 西田治文)

◆第2回 化石と分子を比べて考える タネが花を咲かすまでの歴史(日時:7月21日(土)13:30-15:00/講師:大阪市立大学 山田敏弘)

◆第3回 新生代の気候と植生変化 日本のブナ林はいつからあったの?(日時:8月25日(土)13:30-15:00/講師:国立科学博物館 矢部淳)

◆第4回 恐竜が生きた時代の植物たち(日時:9月15日(土)13:30-15:00/講師:福井県立恐竜博物館 寺田和雄)

◆第5回 生きている化石メタセコイア(日時:10月20日(土)13:30-15:30/講師:大阪市立自然史博物館 塚腰実)

◆第6回 生きている化石イチョウ 2臆年の旅の最終章(日時:11月17日(土)13:30-15:00/講師:東北大学植物園 鈴木三男)

 

【植物画講座】コーステーマ:科学的に観察しながら描く植物(芸術としての植物画ではなく、植物を科学的に観察しながら描くということを通して植物の見方を学びます。)

*各回定員20名(先着順)

*持ち物:鉛筆・消しゴム・定規・極細万年筆

*講師:東北大学植物園 米倉浩司

◆第1回 初夏の植物画講座(日時:5月26日(土)・27日(日)両日とも10:00-16:00

※26日は鉛筆画、27日は鉛筆画の墨入れ。両日ご参加できる方を募集します。

◆第2回 秋の植物画講座(日時:10月27日(土)・28日(日)両日とも10:00-16:00

※27日は鉛筆画、28日は鉛筆画の墨入れ。両日ご参加できる方を募集します。

 

【受講にあたって】

■いずれも会場は東北大学植物園 本館講義室です。

■両講座の受講料は無料ですが、入園料230円がかかります。

■申込方法往復葉書・メール・FAXお名前・ご住所・電話番号・FAX番号・メールアドレスをご記入の上、受講希望の講座名と希望する受講回を明記して下記申込先までお送りください。必ず出席可能な回のみお申込ください。

■申込先

東北大学植物園 公開講座係 〒980-0862 仙台市青葉区川内12-2

TEL: 022-795-6760/FAX: 022-795-6766/e-mail: tohokubg.office.event@grp.tohoku.ac.jp

■申込締切(当日消印有効)

・自然史講座:5月25日(金)

・第1回 初夏の植物画講座:5月15日(火)

・第2回 秋の植物画講座:10月12日(金)

※各回のお申込は先着順となります。受講の可否は返信用葉書・メール・FAXのいずれかで、受講日の1週間前を目処にお送りいたします。受講可能となりました回につきましては、当日時間までに植物園へお越しください。

※申込に関する詳細はチラシ裏面もご覧ください。

 

【お問い合わせ】

東北大学植物園

TEL: 022-795-6760

 

LINEで送る
Pocket