見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
serizawa
serizawa
特別展「芹沢銈介 暮らしに活きるデザイン」
開催期間:2018年04月09日(月) 〜 2018年06月30日(土)

東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館は東北福祉大学附属の美術館として1989年に開館しました。館収蔵の芹沢銈介作品や世界各国の工芸品コレクションは、年数回開催する展覧会を通して、学内のみならず一般の方々にも広く公開しています。

芹沢銈介(せりざわけいすけ:1895-1984)は、沖縄の染色技法「紅型」との出会いにより、染色家の道へと進み、これまでは分業で行われていた型染の行程を、すべて行うという新たな体系を作りました。そして、型彫りや彩色の美しさに加え、文様の独自性が高く評価され、1956年に「型絵染」の重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けます。芹沢が生涯にわたり創出した作品は、日本だけではなく海外の人々にも親しまれ、生活の中で用いられました。

芹沢銈介は着物やのれん、壁掛けから、扇子やうちわ、マッチラベルまで、暮らしの中で用いるものをつくり続けた作家です。本展覧会では、多岐にわたるモチーフを図案化し、豊かな色彩で染めあげた作品の中から、現在の私たちが身近に感じられるもの、日常の生活に寄り添うデザインに注目します。

芹沢の創り出した心地よいデザインを紹介するとともに、自身が蒐集し、生活の中で使用していた世界各国の工芸品を併せて展示します。今回は、静岡市立芹沢銈介美術館の協力により、ハンドバッグや座布団など初期に制作された貴重な作品が出品されます。「暮らし」に関わる作品が一堂に揃う展覧会ですので、この機会に是非ご覧ください。

■開催日時:2018年4月9日(月)〜6月30日(土)10:00-16:30(入館は16:00まで)

■休館日:日曜日(ただし、5/13と5/27は開館)

 

*併設展:「芹沢長介収集品紹介 そば猪口」

銈介の長男・長介氏(考古学者)が40年以上にわたって収集し続けた「そば猪口」400点を展示

関連イベント

講演会:芹沢銈介のデザインの魅力「自我を除く客観の手」

・日時:5月13日(日)10:30-12:00

・講師:深澤直人 氏(プロダクトデザイナー・日本民藝館館長)

・会場:東北福祉大学音楽堂けやきホール 定員200名

・要予約(お電話で問い合わせください)  / 参加無料

※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

 

 

学芸員によるギャラリートーク

4月28日(土)、5月26日(土)、6月23日(土) 各11:00〜

(自由参加、当日の入館券が必要です)

 

ワークショップ:「○△□でデザイン!ミニバッグを染めよう」

・会期中の毎週月・土曜日

・受付時間:11:00-15:00

・体験時間:30〜60分

・材料費:400円

 

【お問い合わせ】

東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館

TEL: 022-717-3318

 

LINEで送る
Pocket