見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smt
smt
バリアフリー上映「パンドラの匣」
2019年12月1日(日)開催

せんだいメディアテークでは、だれでも気軽に映画を楽しめるよう、目や耳の不自由な方のための音声解説・日本語字幕と、小さなお子さんがいる方のための託児サービスのある映画上映会を定期的に開催しています。今回は2009年公開、オール宮城ロケで制作された「パンドラの匣」を上映します。皆様お誘い合わせの上、ぜひご覧ください。
※詳しくは、せんだいメディアテークの特設ページをご覧ください。

 

■日時:2019年12月1日(日) ①10:30 ②14:00 ※各回30分前開場
■会場:せんだいメディアテーク 7階スタジオシアター
■入場料:500円(当日券のみ・各回入場時に販売)

 

〜作品について〜
今年生誕110周年を迎えた日本を代表する作家・太宰治。今ますます脚光を浴びる太宰の同名小説を映画化した作品です。小説は終戦直後の1945年10月から翌年1月にわたり『河北新報』の連載小説として発表されました。太宰文学に珍しい明るく希望に満ちた青春小説で、太宰の最高傑作と評価するファンもいます。2009年の生誕100周年を記念して映画化され、撮影は宮城県南三陸町を中心とするオール宮城ロケで行われました。ヒロインを演じた芥川賞作家の川上未映子は、本作が映画初出演にもかかわらず見事な存在感を発揮し、第83回 キネマ旬報ベスト・テンで新人女優賞を受賞しました。

〜あらすじ〜
戦争が終わった1945年8月、結核療養のため人里離れた山奥の健康道場に入った青年・ひばり(染谷将太)は、完治して退場した友人のつくし(窪塚洋介)に、新しい看護婦長の竹さん(川上未映子)や看護婦のマア坊(仲里依紗)、患者仲間達のことを手紙で報告する。竹さんは、ひばりに好意を寄せているようだったが、ある日、布団部屋でひばりにマア坊は「竹さんと仲良くしちゃダメよ」と言う…。二人の看護師への恋心と、おかしな療養者たちとの日々を通じてひばりが希望を見出してゆく姿がユーモアたっぷりに描かれる。

〜作品紹介〜
『パンドラの匣』(2009年/94分)
◦監督・脚本:冨永昌敬
◦原作:太宰治
◦出演:染谷将太、川上未映子、仲里依紗、窪塚洋介、ふかわりょう
◦配給:東京テアトル

 

■バリアフリーサービスについて
◎音声解説を聞くには
音声解説を聞くための受信機(無料)を貸し出しいたします(※先着30台)。ご希望の方は11月30日(土)までにお電話でお申し込み下さい。
※音声解説はFMラジオをお持ちいただければ、誰でも聞くことができます。周波数を78.0MHzに合わせてください。

◎託児サービスを利用するには
託児(生後6ヶ月から未就学児・無料)をご希望の方は、①申込者氏名、②住所、③携帯電話番号/メールアドレス、④お子様の氏名・年齢(月齢まで)、⑤ご希望の上映回、をご記入の上、11月18日(月)までにメールまたはFAXでお申し込みください。なお、申込み多数の場合は抽選となります。

◎映画の音声を大きくして聞くには
耳の不自由な方向けに赤外線音声補助装置の貸し出しもあります(申込み不要)。当日窓口にてお申し出ください。また、会場には補聴器をご利用の方のために磁気ループが用意されております。ご利用の方は補聴器のスイッチを「t」に合わせてください。

 

【問い合わせ】
せんだいメディアテーク 企画・活動支援室
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
tel : 022-713-4483  fax : 022-713-4482
mail : office@smt.city.sendai.jp

LINEで送る
Pocket