見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
museum
museum
特別展「いつだって猫展」
2019年4月19日(金)より開催

  

猫は昔から日本人が深く親しんできた動物です。江戸時代には現代と同じように「猫ブーム」が到来し、かわいい仕草の猫や怪談話に出てくる化け猫が浮世絵などに描かれました。本展では、そうした江戸時代の「猫ブーム」の様子を歌川国芳の浮世絵や、絵入り本、土人形等を通して紹介します。
※この展覧会はこれまで東海・近畿地方等を巡回しましたが、東日本では仙台が初開催となります。(公式サイトはこちらをご覧下さい。)

 

■会期:2019年4月19日(金)から6月9日(日)まで
■休館日
:毎週月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
■開館時間
:午前9時00分~午後4時45分(入館は午後4時15分まで)
■観覧料:(一般・大学生)1,300円、(高校生)700円、(小・中学生)500円
※10名以上の団体は当日料金より各100円引き。
※キャンパスメンバーズ割引は、当日券のみ有効です。
※このほか各種割引があります。詳しくはお問い合わせください。

 

**関連イベント**

1.記念講演会「江戸の猫ブーム」
◦日時:4月20日(土曜日) 午後1時30分から午後3時00分まで
◦会場:仙台市博物館ホール(定員:200名)
◦講師:津田卓子 氏(本展企画者・名古屋市博物館学芸員)
事前申込制・聴講無料

 

2.記念講演会「東北の猫たちと人とのホットな関係―民俗事例を中心に―」
◦日時:5月11日(土曜日) 午後1時30分から午後3時00分まで
◦会場:仙台市博物館ホール(定員:200名)
◦講師:石黒伸一朗 氏(村田町歴史みらい館専門員)
事前申込制・聴講無料

 

3.招き猫絵付け体験
◦日時:5月12日(日曜日)
(午前の部)午前10時00分から午後12時00分まで
(午後の部)午後1時30分から午後15時30分まで
◦会場:仙台市博物館講習室
◦講師:博物館職員
定員:各回30名(小学生以上)
◦参加費:500円(当日集金)
※事前申込制・有料

【講演会への申込み方法】

1から3の各イベントに参加をご希望の方は、1名様1回につき1枚の往復はがきに、住所・氏名(ふりがな)・電話番号・希望する行事の番号(一つ)を明記して、下記までお申し込みください。また3は午前・午後の希望を記入してください。応募多数の場合は抽選となります。

申込〆切(〆切当日消印有効)
記念講演会「江戸の猫ブーム」:4月3日(水曜日)
記念講演会「東北の猫たちと人とのホットな関係―民俗事例を中心に―」:4月17日(水曜日)
招き猫絵付け体験:4月19日(金曜日)

申込先住所:郵便番号980-0862 仙台市青葉区川内26 仙台市博物館「いつだって猫展」係
※1枚のはがきでお申し込みできるのは1つの行事・1名様までです。複数の行事の聴講・参加をご希望の方は、申込回数分の往復はがきをご用意ください。

◎猫またクイズ
「猫また」が出題するクイズに挑戦しよう!
(会期中会場内)

◎人気ニャンキング
お気に入りの猫作品に投票しよう!
(会期中会場内)

◎プレイミュージアムイベント「あなたも摺(す)り師~猫版画(はんが)~」
◦期間:4月19日(金曜日)から6月9日(日曜日)まで
◦会場:博物館2階 プレイミュージアム
※参加自由・材料費無料(※常設展観覧券が必要です。)

◎うちの猫(こ)自慢
愛猫の写真をプリントして特別展会場入口にご持参ください。(要観覧券)
会期中、館内に掲示いたします。
なお、写真は返却できませんのでご了承ください。

◎22(にゃんにゃん)の日先着プレゼント
5月22日(水曜日)は先着222名に粗品をプレゼント!

【お問い合わせ】
仙台市博物館
TEL: 022-225-3074

LINEで送る
Pocket