見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
ミュージアムに行こう イベント情報アプリ ミュージアムに行こう イベント情報アプリ
  • iPhone / iPad
  • Android
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
fukushima
fukushima
新春吉例「 めでた掛け〜美術館で笑い初め〜」
開催期間:2018年01月05日(金) 〜 2018年03月03日(土)

 

「めでた掛け」とは、美学者で福島美術館の初代学芸員・佐藤明氏(1905-1986)による造語です。「おめでたい掛け物(掛軸)をみんなで見て、新年を祝いましょう」という趣旨で、昭和55年の開館以降、吉例の展覧会となりました。

今回のテーマは「美術館で笑い初め」。日本の美術の中には、じつに多様な「笑い」が描かれています。にっこりと笑う人の顔、目元涼しくほほえむ美人、七福神や達磨でさえも、厳かな姿だけではなく、滑稽でおどけた表情で描かれます。一目見ただけで笑いだしてしまう作品もあれば、絵の背景を読み解くことで、クスッと笑いを誘う作品もあります。笑いには、難しいことを易しく、時には痛切な風刺を包み込むと、機知とユーモアに富んだ日本美術の世界が広がっていきます。

「笑う門には福来る」という言葉にもあるように、平成30年の始まりは、福島美術館で多彩な日本美術の「笑い」の世界を楽しみ、笑顔いっぱいの福招く一年にしましょう。

 

■開催期間:平成30年1月5日(金)~3月3日(土)※2月2日より一部展示替え有

■開館時間:9時~16時30分

■入館料:一般400円、70歳以上・大学生300円、高校生以下・障がい者の方は無料

■休館日:毎週月曜日(但し1月8日、2月12日開館)、1月9日(火)、2月4日(日)、2月13日(火)

 

*関連イベント

◆「めでたくじ」
1月5日(金)~7日(日)
有料入館者対象
新春一番運試し!美術館のオリジナルグッズが必ず当たります。

 

◆「ギャラリートーク」
1月8日(月・祝)、2月17日(土) 各日14時~15時
要入館券 参加自由
展覧会の見どころについて、学芸員がご案内をします。

 

◆「ギャラリートークはスイーツの日」
1月21日(日)14時~15時30分
お茶代(お菓子込み)300円 要入館券 事前申込制
美術館受付または、お電話(022-266-1535)にてお申し込みください。
展覧会の見どころを学芸員がご案内した後に、ちょっと一服しませんか?
美術館所蔵の昭和10年代の真空管ラジオを聴きながら、ゆったりとお話しましょう。

 

◆「新春出前寄席~東北大学学友会落語研究部~」
2月10日(土)14時~15時
無料 福島美術館4階大会議室にて
福島美術館で1日限りの寄席が開演!古典落語でひと笑いしましょう♬

 

◆「みて!みて!わたしの雛まつり」
2月17日(土)~3月3日(土)
無料 1階情報コーナー
「わたしだけのとびっきりの雛まつり!」を展示。

 

【問い合わせ】
社会福祉法人共生福祉会 福島美術館
TEL:022-266-1535

 

 

LINEで送る
Pocket