見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
underground
underground
第85回特別企画展「米づくりはじめました」
7月20日(金)より開催

 

日本列島の水田稲作は、九州地方の北部ではじまり、各地に広まっていきました。
東北地方で最も古い水田跡は、弥生時代前期の砂沢遺跡(青森県弘前市)でみつかっています。いくぶん遅れて、地底の森ミュージアムのある富沢遺跡でも米づくりがはじまりました。
今回の展示では、東北地方で米づくりがはじまったころの水田跡や、仙台市内の遺跡から出土した弥生時代から古墳時代にかけての農耕具を中心に展示し、人々が米づくりに込めた想いをさぐります。

 

◆会 期: 平成30年7月20日(金)~9月24日(月・祝) 9:00-16:45
◆休館日: 7月23日(月)、26日(木)、30日(月)、8月13日(月)、20日(月)、23日(木)、27日(月)、9月3日(月)、10日(月)、18日(火)
◆会 場: 地底の森ミュージアム 企画展示室
◆入館料: 一般 460円(360円)、高校生 230円(180円)、小・中学生 110円(90円) ※( )内は団体料金

 

《関連イベント》

■記念講演会「米づくりでつなぐ アジア~日本~富沢」

日時: 平成30年8月25日(土) 13:30~15:30(※13時から受け付け開始)
講師: 田崎 博之氏(愛媛大学先端研究・学術推進機構埋蔵文化財調査室 教授)
会場: 太白区中央市民センター3階大会議室(たいはっくる内)
定員: 先着100名(申込不要。参加無料)


■関連イベント「お米粘土ワークショップ」

展示している土器や農具の中からお気に入りを見つけて、当館産のお米粘土でミニチュアを作ってみよう!
日 時: 7月29 日(日)、8月12日(日)、8月26日(日)、9月9日(日) 各日13:00~15:00
会 場: 地底の森ミュージアム 展望ラウンジ
申込み: 不要  ※入館料がかかります。

 

【お問い合わせ】
地底の森ミュージアム
TEL: 022-246-9153

LINEで送る
Pocket