見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
311
311
企画展「継承のしさく -小森はるか+瀬尾夏美-」
2019年10月29日(火)〜12月28日(土)

 

アートユニット小森はるか+瀬尾夏美の映像作品「二重のまち/交代地のうたを編む」の制作過程などを展示し、震災を体験していない人に、伝えていくべき経験を語り継いでいく方法に迫ります。

 

東日本大震災の発災から月日が経過し、当時の記憶がない世代や、震災を経験していない土地からの人々を交えた地域の営みが、すでにはじまっています。
風景からかつての街並みや暮らしぶりを思い起こすことが難しくなりゆく現在、国内観測史上最大の震災について、その体験を語り直し、誰かに渡していくことがもうすでに求められているのではないでしょうか。
この企画展は、アートユニット・小森はるか+瀬尾夏美が岩手県陸前高田市で制作した映像作品「二重のまち/交代地のうたを編む」(2019年)をベースにします。小森はるか+瀬尾夏美は、陸前高田市の復興過程を目の当たりにするなかで、生活の落ち着きとともに、震災体験の語りが“当事者”から“当事者ではない(と思っている)人たち”へと引き継がれる機会が必要になってきていると感じ、2018年から両者の出会いの場づくりを始めました。
今回の開催にあたり、陸前高田での映像制作と類似する手法を用いて、仙台市東部沿岸地域の元住民と、仙台市域の若者たちがともに歩くフィールドワーク、そして仙台市民がお互いの声を聞き合うワークショップを新たに行いました。この企画展では、その記録もあわせて展示します。仙台における震災の語り継ぎについて思索する場づくりの試みと、その記録を展示内に含んだ「継承のしさく*」シリーズ第一弾です。

 

*「継承のしさく」はシリーズとして、震災の記憶を伝える手法を「思索」し、さまざまな角度からその継承を「試作」するひとつの「施策」です。表現活動を通じた継承を考えるとき、物語や身体表現、音楽などといったある種の「詩作」によって、伝わってきたもの、伝わっていくものがあるのではないかと考え、今後も「継承のしさく」シリーズとしてさまざまな企画を展開します。

 

■期間:2019年10月29日(火)〜12月28日(土) 10:00-17:00
■開催場所:せんだい3.11メモリアル交流館 2階展示室
■入館無料

 

**関連イベント**

◉音楽ライブ「佐藤那美×コダハルカ」
荒浜出身の音楽家・佐藤那美と、映像作品『二重のまち/交代地のうたを編む』の出演者の一人である新潟市出身のシンガーソングライター・コダハルカのコラボレーションライブ。

○日時:11月2日(土) 15:00-16:30
○入場無料/予約不要

 

◉『波のした、土のうえ』上映会+インタビューワークショップ
小森+瀬尾が2014年に陸前高田で制作した映像作品『波のした、土のうえ』の上映と、二人一組となって相手の言葉を語り直す、インタビューワークショップを行います。

○日時:11月10日(日)上映14:00-(15分前開場)、ワークショップ15:30-
○定員:40名程度/要予約(TEL、FAX、メールにて受付。ご氏名、連絡先、参加人数をお伝えください。)
○参加料:500円(ワークショップのみの参加は無料)

 

◉『二重のまち/交代地のうたを編む』上映会

○日時:11月4日(月祝)、11月30日(土)、12月8日(日)、12月22日(日)上映14:00-(15分前開場)
11月4日、11月30日は舞台挨拶あり
12月8日のみ上映後15:40よりギャラリーツアーあり
○定員:40名程度/要予約(TEL、FAX、メールにて受付。ご氏名、連絡先、参加人数をお伝えください。)
○参加料:500円(ギャラリーツアーのみの参加は無料)

 

【申込み・お問い合わせ】
せんだい3.11メモリアル交流館
TEL: 022-390-9022/FAX: 022-353-5710
メール: office@sendai311-memorial.jp

LINEで送る
Pocket