見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
ミュージアムに行こう イベント情報アプリ ミュージアムに行こう イベント情報アプリ
  • iPhone / iPad
  • Android
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
fukushima
fukushima
春季展「アッと面白い!動物ずかん〜細密画からマンガ表現〜」
開催期間:2017年04月12日(水) 〜 2017年05月31日(水)

小さい頃に見た動物図鑑や博物図鑑を覚えていますか。写真ではなく、本物そっくりに克明に表現されたその姿を、目をこらして見た記憶があります。
日本では中国から伝わった本草学(薬物学)が普及していました。江戸時代になると、西洋から蘭学という新しい学問が取り入れられ、人々の関心は自然物や自然現象に広く向けられるようになります。それらを「博物学」といいます。「博物学」とは動物・植物・鉱物など、自然に存在するモノについて幅広く研究する学問のことです。特に、動物学・植物学などが生まれる以前の呼称、また動物学・植物学・鉱物学などの総称です。
この江戸時代の「博物学」への強い関心は様々な学問の発展を促しました。美術の世界でも、実物に近く克明に描かれた絵画が多く生まれました。一方で、描線が簡略であり、本物そっくりではないけれど、その内面を表現した絵画も昔からあります。その両方の絵画が美術の世界には存在しています。
今回は「動物ずかん」として、動物や昆虫のありのままの姿を克明に表現した作品から、マンガのような表現の作品までをご紹介します。猫や犬、蛙といった身近な実在の動物や空想動物など、動物が芸術の世界でどのように表現されてきたのかを、動物図鑑をながめるようにお楽しみください。

◎主な出品作品

《鳥》渡辺省亭「漆の木に橿鳥」/小杉放菴「雉」
《蛙》実傳和尚「群蛙図」/小室翠雲「緑天蕉雨図」/遠藤曰人「大晦日 句自画賛」
《虎》手賀菘圃「猛虎図」/前田黙鳳「扇面 虎」
《馬》遠藤速雄「馬猿図」/伝・雪村周継「張果老図」
《猫》遠藤速雄「猫に罌粟図」
《犬》柳沢淇園「狗子図」/望月金鳳「狗児図」
このほか、龍・狐・象などなど、様々な動物をモチーフとした絵画・工芸品を約50点展示します!
詳しくはHP・チラシをごらんください。

 

 

■会期:
平成29年4月12日(水)〜5月31日(水)
※5月7日(日)より一部展示替えいたします。
■会場:
社会福祉法人共生福祉会福島美術館
■開館時間:
9:00〜16:30
■休館日:
毎週月曜日

◎関連イベントも多数実施します。(詳しくはこちら
◎常設展示「福島家の玉手箱」も同時開催いたします。

 

【お問い合わせ】
社会福祉法人共生福祉会福島美術館
TEL:022-268-1535

 

LINEで送る
Pocket