見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
touhoku-syokubutuen
touhoku-syokubutuen
大エジプト博物館合同保存修復プロジェクト シンポジウム 「ファラオの至宝をまもる2018」
2018年11月3日(土)開催

 

私たち日本人のみならず、世界各国から高い関心が寄せられている古代エジプト文明の秘宝は、人類共有の貴重な文化遺産です。首都カイロにあるエジプト考古学博物館には、ツタンカーメン王の黄金のマスクなどをはじめとした数々の至宝が展示されていますが、開館から100年以上が経過して建物の老朽化が目立ってきた上、展示スペースや技術、人材も不足しています。
こうした状況の中、日本政府はエジプト政府からの要請を受け、新しい博物館となる「大エジプト博物館」の建設に対する有償資金協力(円借款)を行うとともに、この博物館に付属する保存修復センターに対して、2008年より、博物館の運営や展示品となる文化財の保存修復等にかかる技術協力を行ってきました。そして2016年11月より、「大エジプト博物館合同保存修復プロジェクト」を開始し、ツタンカーメン王の墓から出土した文化財を含むエジプトの至宝の調査、移送、保存修復を日本とエジプトの専門家が共同で行うことで、大エジプト博物館職員の人材育成および技術移転を図っています。
本シンポジウムでは、日本がエジプトの至宝をまもるために行っている技術協力の取組みをご紹介します。

                          

■日時2018年11月3日(土)14:00~16:30(開場13:30)      
■場所:東北大学 片平さくらホール
■定員:190名 ※要事前申込み
■参加費:無料
■申込み参加ご希望の方は、下記URLより事前申し込みをお願いいたします。
※参加申込み(仙台会場):https://goo.gl/forms/FQGPiEemSrTPkZZF3

【主催】(仙台)国際協力機構(JICA)・日本国際協力センター(JICE)・東京藝術大学・東北大学植物園

【お問い合わせ】
東京藝術大学美術部国際文化財修復プロジェクト室 シンポジウム係(TEL:080-8434-3122)

LINEで送る
Pocket