見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smt
smt
映像の仙台史2
2019年4月29日(月・祝)開催

平成の終わり–新しい元号が新しい時代を告げ、昭和はさらに遠くになりますが、人々や車が行き交う街なみや、風にそよぐ木々を見れば、それらの時代もたしかに現在とつながっているのがわかることでしょう。今回は、かつて仙台市が制作した広報フィルムに遺された街の姿から、変わりゆくもの、変わらないものについて思いを馳せていきます。

■日時:2019年4月29日(月・祝)
■会場:せんだいメディアテーク 7階 スタジオシアター(180席)
■入場無料、申込み不要
■内容

〈プログラムA〉 11:00~12:00 ※15分前開場
A-02.jpg

『こけしのふるさと』は、白石・遠刈田地方から福島の土湯、山形の肘折までロケした力作で、当時の名工、新山久治や佐藤丑蔵などがこけしをつくる姿も映像におさめられています。『市制百周年記念記録映画 せんだい1989』は、仙台市が政令指定都市となった平成元年に作られたもので、平成が終わる今日に見るとまた違う印象があることでしょう。
◦上映作品
『こけしのふるさと』(制作:仙台市、白石市/1964年[昭和39年]/28分/カラー/16ミリフィルム)
『市制百周年記念記録映画 せんだい1989』(制作:仙台市/1989年[平成元年]/26分/カラー/16ミリフィルム)

 

〈プログラムB〉 14:00~15:30 ※15分前開場
B_02.jpg

『こけしのふるさと』のように、かつて仙台市でも観光PRや広報のための映画がフィルムで作られていました。近年、その撮影フィルムの断片が発見され、それぞれは数秒ずつの映像であるものの、かつての市庁舎や仙台駅周辺の様子、近郊の自然まで撮されていました。そこで、同時期に1階オープンスクエアで開催される展示型調査企画「どこコレ–おしえてください昭和のセンダイ」にならい、「うごくどこコレ」と称して、どこを撮影したのかわからない映像の一つひとつを、これまでのアーカイブや来場したみなさんの記憶をたよりに明らかにします。

 

**同時開催「どこコレ? —おしえてください昭和のセンダイ—」

仙台のどこかではあるけれども詳細がわからない古い写真を展示し、みなさんからの情報をもとに調べていきます。上映会とあわせてご覧ください。
※詳しくはコチラ(https://www.smma.jp/event/dokokore2019/)をご覧下さい。

 

【主催・お問い合わせ】
せんだいメディアテーク 企画・活動支援室
仙台市青葉区春日町2-1 TEL.022-713-4483

LINEで送る
Pocket