見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
serizawa
serizawa
開館25周年記念「芹沢銈介コレクション アンデスの染織」
開催期間:2014年04月07日(月) 〜 2014年07月26日(土)

芹沢銈介があつめた古代アンデス文明期の染織品を約70点と関連資料を紹介します。リャマやアルパカの毛や木綿などを利用し、編み、組み、織り、絞り、手描きなどあらゆる技法や文様が、外来の影響を受けることなく生み出されたアンデス独特の染織文化をお楽しみください。

【併設展】「芹沢銈介の作品 -文字と商業デザイン-」

■会期:
2014(平成26)年4月7日(月)~7月26日(土)
■会場:
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館 1・5-6階
■開館時間:
午前10時~午後4時30分(※入館は午後4時まで)
■休館日:
日・祝日
※ただし、5月3日~6日、オープンキャンパス日(5/25・6/29・7/20・21 各日曜日)は開館
■観覧料:
一般300円(200円)、大学・専門学校生200円(100円)
※( )は20名以上の団体料金
※高校生以下および障がい者とその介助者1名は無料

▲チラシ

【関連イベント】
講演会
「芹沢銈介収集のアンデスの染織について」

■日時:
2014(平成26)年6月28日(土)
午後1時30分~3時
■講師:
梶谷宣子氏(メトロポリタン美術館終身名誉館員)
■定員:
70名
■会場:
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館
■申込:
4月7日より電話もしくは直接受付カウンターへご予約をお願いいたします。
※当日の入館券(一般300円)が必要になります。

学芸員によるギャラリートーク

■日時:
2014(平成26)年5月24日(土)、7月26日(土)
いずれも午前11時~
■担当:
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館 学芸員
■会場:
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館 展示室
■料金:
無料
※ただし、当日の入館券(一般300円)が必要になります。
■申込:
事前申込は不要です。入館券をお求めのうえ展示室にお集まり下さい。

ワークショップ
「アンデス風パッチワークを作ろう」

■開催日:
会期中(4/7~7/26)の4・5・6月は、毎週火・土曜日
7月は、毎週火曜日
■会場:
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館(ミュージアムショップ内)
■受付時間:
午前11時~午後3時
■体験時間:
約30~60分
■材料費:350円

ワークショップ
「うちわを作ろう」

■開催日:
7月5、12、19、26日(各土曜日)
■会場:
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館(ミュージアムショップ内)
■受付時間:
午前11時~午後3時
■体験時間:
約30~60分
■材料費:
500円
※展覧会を見学した方は100円割引になります。(入館券をご提示ください。招待券・割引併用は不可)

【お申し込み・お問い合わせ】
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館 
〒981-8522 仙台市青葉区国見1-8-1
TEL:022-717-3318

LINEで送る
Pocket