見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smt
smt
考えるテーブル 第24回てつがくカフェ「震災後の〈日常〉を問う」(要約筆記つき)
開催期間:2013年08月04日(日) 〜 2013年08月04日(日)

 

今回は、私たちの〈日常〉に焦点を当てながら、「震災」や「震災の後」について、考えていきたいと思います。

 〈日常〉。波風にさらわれながらも、この町の雑踏のなかに埋もれ、足早に、せわしなく、しかしひそやかな音をたてながら、私たちの真横を通り過ぎていく、この〈日常〉。震災は、〈日常〉のなかに入り込み、とけ込み、私たちのまわりをじわりと取りかこむ。

 いつしか、震災の後が、フクシマの後が、私たちの〈日常〉となる。止まった時間も、または止められた時間も、放射能の大海でたなびく大漁旗も、海水に浸った階段も、潮風が届く私の家も、いつの間にか、私にとって当たり前の〈日常〉となっていた。突然の、思わず目を覆いたくなるような出来事も、ふと気づけば、私たちの〈日常〉となりかけている。そんな気がいたします。

 今回のてつがくカフェでは、私たちの〈日常〉について、対話を通して考えていきたいと思っています。対話のなかで語られた一つ一つの言葉をつなぎあわせ、重ねあわせ、些細な〈日常〉のなかから、微細な、しかしはっきりとした意味のつながりを見つけていきたいと思います。そして、言葉を探りながら、言葉をつなぎながら、意味の重心をゆっくりと落としていきたい。そのためにも、少しばかり腰を下ろし、息をととのえたい。

 私は、私たちの〈日常〉のひそやかな声に耳をすましながら、哲学をはじめてみたい。そんなことを、考えています。
(てつがくカフェ@せんだい 辻 明典)

■日時:2013(平成25)年8月4日(日)
      午後3時~午後5時
■会場:せんだいメディアテーク1階 オープンスクエア
■参加料:無料
■申込:事前申込は不要です。直接会場へお越しください。
■主催:せんだいメディアテーク、てつがくカフェ@せんだい

◇てつがくカフェカウンタートーク
・・・・・カフェ閉店後に行っていた、てつがくカフェスタッフによる延長戦トークです。
過去の放送を以下より視聴ができます。(2011年8月から2013年2月まで実施)
http://recorder311.smt.jp/series/tetsugaku/

◇てつがくカフェとは
てつがくカフェは、わたしたちが通常当たり前だと思っている事柄からいったん身を引き離し、そもそもそれって何なのかといった問いを投げかけ、ゆっくりお茶を飲みながら、「哲学的な対話」をとおして自分自身の考えを逞しくすることの難しさや楽しさを体験していただこうとするものです。
てつがくカフェ@せんだいHP:http://tetsugaku.masa-mune.jp/

【お問い合わせ】
e-mail tanishi@hss.tbgu.ac.jp (西村)
てつがくカフェ@せんだいHP http://tetsugaku.masa-mune.jp/

LINEで送る
Pocket