見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
美術館講座 [再開] 海をわたる美術品『旅路と反響』Part2
開催期間:2013年03月17日(日) 〜 2013年03月31日(日)

美術作品の移動がもたらす社会的影響をテーマとした本講座は、本来一昨年3月に4回連続で開催の予定でした。
その第1回、榊原 悟氏(群馬県立女子大学教授)による講演「異国に遣わされた屏風たち」の終了後、震災発生
のため中断となっていましたが、このたび第2回以降の分について再開の運びとなりましたので、改めて受講者
を募集します。
(前回受講応募された方は、お手数ながら再度お申し込みください)

■日時:2013(平成25)年3月17日(日)、 24日(日)、31日(日) 
    いずれも午後1時30分より(約90分程度)
■会場:宮城県美術館アートホール (佐藤忠良記念館地階)
■定員:60名
■料金:無料
********************************************************
【第1回】 3月17日(日)
 ◆ 「 《吉備大臣入唐絵巻》流出の波紋 」
  ― 昭和8年古美術品輸出取締法制定前後 ―

   講師:庄司 淳一 (宮城県美術館学芸員)

【第2回】 3月24日(日)
  ◆「 ウィーンのジャポニスム 」
  ― 装飾性への覚醒とその展開 ―

   講師:馬渕 明子 (日本女子大学教授)

【第3回】 3月31日(日)
 ◆ 「 流転の絵画―《ゲルニカ》 」
  ― その足跡の現場検証 ―

   講師:林 道郎 (上智大学教授)
********************************************************
■申込:電話または当館受付にてお申し込みください。
    申込締切:3月10日(日)
    前回受講応募された方は、お手数ながら再度お申し込みください。

   ◇詳しい内容はこちらをご覧ください。

【問い合わせ】
宮城県美術館  TEL:022-221-2111
      

LINEで送る
Pocket