見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
美術館講座 世紀末フランス 『装飾芸術の諸相』
2014年3月2日(日)、9日(日)、16日(日)、23日(日)開催

今回の美術館講座は、開催中の「ミュシャ展」に因み、アール・ヌーヴォーを含むフランス19世紀末の装飾芸術をテーマに開催します。建築装飾、インテリア、家具、装身具、ガラス器、陶器、装幀やポスターなどグラフィック。職人仕事と見られていたこれらの分野で、絵画・彫刻など「純粋芸術」をもしのぐような、創造性に富んだ装飾芸術が、世紀末のこの時期いっせいに開花しました。その根底にある「装飾」をめぐる考え方の、この時代特有の動向に着目しながら、四つのトピックを設けて構成します。

■日時:2014(平成26)年3月2日(日)、9日(日)、16日(日)、23日(日) 
    いずれも午後1時30分より(約90分程度)
■会場:宮城県美術館アートホール (佐藤忠良記念館地階)
■定員:60名
■料金:無料
********************************************************
【第1回】 3月2日(日)
 ◆ 都市の装飾としてのポスター
  ― シェレ、ロートレック、ミュシャ ―

   講師:吉田 紀子 (中央大学准教授)

【第2回】 3月9日(日)
  ◆19世紀フランスにおける
  「装飾」と「芸術」の位相
   講師:天野 知香 (お茶の水女子大学教授)

【第3回】 3月16日(日)
 ◆ エミール・ガレの象徴芸術
  ― アルチザンからアーティストへ ―
   講師:鈴木 潔 (長浜アートセンター館長)

【第4回】 3月23日(日)
 ◆ 生けるジャポニスム
  ― 日本画家・高島北海とナンシー派の装飾芸術 ―
   講師:庄司 淳一 (宮城県美術館学芸員)
********************************************************
■申込:電話にてお申し込みください。

宮城県美術館で直接申し込まれる場合は、創作室にて承ります。

申込締切:2月28日(日)

◇詳しい内容はこちらをご覧ください。

【問い合わせ】 宮城県美術館 教育普及部  TEL:022-221-2114

LINEで送る
Pocket