見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
astronomical-observatory
astronomical-observatory
空の探検家 武田康男氏トークイベント 「空」から「宙」へ
開催期間:2016年01月30日(土) 〜 2016年01月30日(土)

 

PowerPoint ƒvƒŒƒ[ƒ“ƒe[ƒVƒ‡ƒ“

「空の探検家」「気象予報士」として、日本国内だけでなく、世界各地の魅力的な空の撮影を続ける武田康男氏による講演。
美しい虹色の輝きや雲が変化するようすなど、太陽の光が当たる昼 の「空」にも興味深い現象がたくさんあります。
最新の機材と技術を駆使して撮影された数多くの映像や写真を使っ て、不思議で楽しい空の魅力をお話ししていただきます。
また、南極やアラスカ、モンゴルで撮影した美しいオーロラや星空など神秘に満ちた夜の「宙」も紹介します。
子どもから大人まで楽しめる「そら」の話をぜひお楽しみください。
*講演終了後、著書の販売とサイン会を予定

 

■日時
1月30日(土) 14:00-15:20(予定)

■料金
無料

■場所
加藤・小坂ホール

■講師
武田康男 氏

■参加方法
当日15分前から直接会場にて受付(定員100名)

■備考
~武田康男氏プロフィール~
1960年東京都生まれ。
1983年東北大学理学部天文および地球物理学科第二卒業。
高校教師を経て、第50次日本南極地域観測越冬隊員として、2008年末から 2010年春まで、昭和基地などで観測業務に従事。

現在、日本教育大学院大学客員教授、武蔵野大学非常勤講師、放送大学非 常勤講師、東京学芸大学非常勤講師などを務めるかたわら、多くのメディアに 貴重な映像を提供して解説し、空の魅力を発信している。 著書に『楽しい気象観察図鑑』、世界一空が美しい大陸 南極の図鑑』(以上 草 思社)、『武田康男の空の撮り方』(誠文堂新光社)、『雲の名前、空のふしぎ』(PHP研究所)、『いちばんやさしい天気と気象の事典』(永岡書店)、『自分で 天気を予報できる本』(中経出版)など多数。 気象予報士。日本気象学会会員。日本自然科学写真協会会員。

 

LINEで送る
Pocket