見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
生誕200年 ミレー展 ―愛しきものたちへのまなざし―
開催期間:2014年11月01日(土) 〜 2014年12月14日(日)

ジャン=フランソワ・ミレー(1814-75)は、それまで絵画の主題とはなりえなかった厳しい農民の労働を見つめ、荘厳な農民画の世界を生み出した画家として知られています。その背景には、フランス初の風景画派の誕生の地となった、バルビゾン村の自然豊かな制作環境がありました。また一方で、幼い頃から育まれた自然に対する畏敬、身近な者への慈愛も、その作品を語る上で欠かすことのできない要素です。

 家族や近しい人たち、大地と自然、そこに根ざして生きる人々や動物たちなど、ミレーは自らが愛情と共感を寄せたものたちをモチーフとし、温かさと尊厳を備えた作品を描きました。そこにはノルマンディーの寒村で過ごした子供時代のまなざしや、妻と共に9人の子を育てた父親としてのまなざしを感じることができます。

 ミレーの生誕200年を記念するこの展覧会では、画風を模索する初期の作品から、バルビゾン村移住後の名品まで、国内外のミレー作品約80点によりその制作の跡を追います。

■会期:
2014(平成26)年11月1日(土) ~12月14日(日)
■会場:
宮城県美術館
■開館時間:
午前9時30分~午後5時(※発券は午後4時30分まで) 
■休館日:
毎週月曜日(ただし11月3日・24日は開館、11月4日・25日は休館)
■観覧料:
一般1,500(1,400)円、学生1,300(1,200)円、小・中学生・高校生800(700)円
( )内は20名以上の団体料金
■主催:
宮城県美術館、河北新報社、仙台放送
■後援:
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、岩手めんこいテレビ、さくらんぼテレビジョン、福島テレビ
■特別協賛:
杜の都信用金庫
■協賛:
サン・ベンディング東北
■企画協力:
ホワイトインターナショナル
■前売券:
一般1,300円、学生1,100円、小・中学生・高校生600円

※前売券は10月31日(金)まで下記にて販売

宮城県美術館、藤崎、仙台三越、エスパル、
チケットぴあ(Pコード:766-388)、
ローソンチケット(Lコード:28547)、
セブン-チケット(セブンコード:033-143)、
イープラスhttp://eplus.jp/ 、
日専連カウンターアエル店、ニッセンレン・テラス、セルバ店、
宮城県庁1階売店、仙台縁日、河北新報販売店、みやぎ生協共同購入部

▲チラシ

【関連イベント】

講演会:「親密な画家ミレー 生涯と作品」

■講演者:
井出洋一郎氏(府中市美術館館長、本展監修者)
■日時:
11月1日(土) 午後2時~
■会場:
宮城県美術館 アートホール
■料金:
無料
■申込:
不要

まちなか美術講座:「ミレー芸術の広がり モチーフ・技法・名声」

■講師:
小檜山祐幹(宮城県美術館学芸員)
■日時:
12月 6日(土) 午後1時~
■会場:
東北工業大学一番町ロビー4階ホール
■料金:
無料
■申込:
不要 ※詳細はこちら

展示解説

■講師:
宮城県美術館学芸員
■日時:
11月2日(日)、11月24日(月・祝)、12月5日(金)各日 午後2時~
■会場:
宮城県美術館 2階展示室入口集合
■申込:
不要
※ただし、観覧券が必要です。

【お問い合わせ】 宮城県美術館 TEL:022-221-2111

LINEで送る
Pocket