見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
literary-hall
literary-hall
特別展「文学と格差社会」 -樋口一葉から中上健次まで
開催期間:2012年01月29日(日) 〜 2012年03月20日(火)

樋口一葉から中上健次まで、貧困や社会の底辺を描いた作家たちを取り上げます。
文学に描かれた社会問題が現代日本とどのように繋がっているのか、
近代文学を「格差社会」という視点からとらえ返します。

■会期: 2012(平成24)年1月21日(土)~3月20日(火・祝)
      9:00~17:00(入館は16:30まで)
■会場: 仙台文学館
■観覧料: 一般 700円
      高校生 400円
      小・中学生 200円
     (10名以上の団体各100円割引)
■休館日: 月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日(2月12日は開館)、第4木曜日

【関連イベント】
1.文学講座「東北とプロレタリア文学」

■日時: 2012(平成24)年1月29日(日)13:30~15:00
■会場: 仙台文学館 講習室
■出演: 高橋秀晴(秋田県立大学教授)
■申込: 往復はがきにて申込、1月17日(火)必着

2.対談「文学は社会をどう描いてきたか」
■日時: 2012(平成24)年2月12日(日)13:30~15:00
■会場: 仙台文学館 講習室
■講師: 川村湊(文芸評論家)
      佐伯一麦(作家)
■申込: 往復はがきにて申込、1月27日(金)必着

3.文学講座「小林多喜二『蟹工船』と世界」
■日時: 2012(平成24)年2月26日(日) 13:30~15:00
■会場: 仙台文学館 講習室
■講師: 島村輝(フェリス女学院大学教授)
■申込: 往復はがきにて申込、2月14日(火)必着

4.展示室リーディング
〈樋口一葉『にごりえ』を読む〉

■日時: 2012(平成24)年1月21日(土) 17:15~18:00
■会場: 仙台文学館 企画展示室
■語り手: 渡辺祥子(フリーアナウンサー・朗読家)
■定員: 50名
■申込: 往復はがきにて申込、1月6日(金)必着
■備考: 17:00閉館(入館は16:30まで)、事前に展示観覧券をお求めください。

〈石川啄木『呼子と口笛』を読む〉
■日時: 2012(平成24)年2月18日(土) 17:15~18:00
■会場: 仙台文学館 企画展示室
■語り手: 館林敦士(俳優)
■定員: 50名
■申込: 往復はがきにて申込、1月31日(火)必着
■備考: 17:00閉館(入館は16:30まで)、事前に展示観覧券をお求めください。

5.学芸員による展示解説
■日時: 2012(平成24)年3月10日(土)13:30~14:30
■会場: 仙台文学館 講習室
■申込: 不要。展示観覧券をお求めの上、講習室へお集まりください。

【申込方法】
往復はがきに住所・氏名・電話番号・イベント名を明記の上、仙台文学館へお申込ください。
はがき1枚につき、1名1イベント申込。締切はイベントにより異なります。
申込多数の場合は抽選。

【申込先】
〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1
仙台文学館

【お問合わせ】 仙台文学館 TEL:022-271-3020

LINEで送る
Pocket