見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
serizawa
serizawa
特別展「ビーズ飾りの衣服と装身具」
開催期間:2015年09月28日(月) 〜 2015年12月21日(月)

20150906151136-0001
古代から人々は、ガラスや貝殻、獣骨などを小さく加工してビーズにしました。また植物の種や木の実も使い、それらを連ねて腕輪やネックレスにし、織物に縫い込んでは装いに華やかさやインパクトを与える工夫をしていました。鹿皮にびっしりとビーズ刺繍を施した北米・アメリカ先住民の衣服、1着に何万個もの貝珠を織り込んだ台湾タイヤル族の男子正装用の上着などは見応えがあります。人々の祈りや願いが造形を生み、美の根源的な発露さえ感じることが出来ます。芹沢コレクションにみるこれらビーズ飾りのデザインは、各民族の強い個性とともに、自然と一体になった無限の広がりをみせています。今回は、アメリカ合衆国からアフリカ、東南アジア、インドネシア等の衣服と装身具を、当館所蔵品と静岡市立芹沢銈介美術館所蔵品を合わせて約200点を一堂に展示します。

 

■チラシ:
こちら(PDF)
■会期:
平成27年9月28日(月)〜12月21日(月)
■会場:
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館
■開館時間:
10:00〜16:30(入館16:00まで)
■休館日:
日曜日・祝日(ただし10/25は開館)、11/23〜27(大学入試期間)
■入館料:()は団体料金
一般300円(200円)、大学・専門学校生200円(100円)
■主催:
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館
■共催:
河北新報社
■後援:
毎日新聞仙台支局、NHK仙台放送局、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、TBC東北放送、エフエム仙台
■協力:
静岡市立芹沢銈介美術工芸館

 

【併設展】
その1 「型紙ー芹沢銈介の模様ー」
芹沢作品の骨格となる型紙の美しさを紹介
その2 「芹沢恵子コレクション ガラスいろいろ」
日本およびアメリカ・イギリス・オーストリア・イタリア・イランのガラス器を展示

【ワークショップ】
「ビーズ飾りを作りましょう」
■日時:
会期中の毎週月・土(※休館日と10/24は除く)
■会場:
ミュージアムショップ
■受付時間:
11:00〜15:00 体験時間30〜60分
■材料費:
400円

【ギャラリートーク】
■日時:
10月17日(土)、11月14日(土)、12月19日(土)
■参加費:
無料・自由参加(※当日の観覧券が必要です)

 

【お問い合わせ】
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館
TEL:022-717-3318

 

LINEで送る
Pocket