見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
history
history
特別展「おばあちゃんの知恵袋~古くて新しい生活の知恵~」
開催期間:2010年11月20日(土) 〜 2011年04月10日(日)

 昔の人々は、着古した着物を裂いて帯やコタツがけに作り変えたり、大豆や小麦などの食材を味噌や醤油、豆腐に加工するなどの技を伝えてきました。
 さらには囲炉裏の煙で茅葺屋根の保全をしたり、害虫の蚊などに刺されないために、蚊遣りの中に杉の葉などをいれて燃やし利用してきました。そこには昔の人々が作り上げてきた生活の知恵があります。
 展示では衣・食・住・遊びから、くらしの知恵と工夫を約150点の資料を通してご紹介します。

◆会   期:2010(平成22)年11月20日(土)~2011(平成23)年4月10日(日)
◆開館時間:9:00~16:45(入館は16:15まで)
◆休 館 日:月曜日・休日の翌日・毎月第4木曜日(12月は除く)・12月27日(月)~1月4日(火)
◆入 館 料:一般・大学生200(160)円  高校生150(120)円
        小・中学生100(80)円 
      ※( )内は30名以上の団体料金 
      ※「どこでもパスポート」をお持ちの小・中学生は無料
      ※仙台市内の「豊齢手帳」「豊齢カード」をお持ちの方は無料

―*―*―*―*―*―*―*―<関連イベント>―*―*―*―*―*―*―*― 
◎会場について、特に指定のない場合、歴史民俗資料館で開催します。
◎参加者は入館料が必要となります。

1.学芸員による展示解説
 ・日にち:①11月20日(土) ②12月19日(日) ③1月15日(土) ④3月6日(日)
 ・時 間:各日同じで、11:00~、14:00~ の二回。

2.厚紙を使って裂織(さきおり)をしてみよう
 厚紙で織機を作り、古い布を使ってコースターを作ります。
 ・日 時:12月4日(土) 13:30~15:00
 ・材料費:200円
 ・募集人数:15名(先着)
 ・申込方法:11月20日(土)~11月30日(火)の期間に、電話、FAXまたはメールで受け付けします。
        住所、氏名、連絡先をお知らせください。

3.布ぞうりを作ってみよう
 使用しなくなった古いシーツや着物などを利用して、ぞうりを作ります。
 ・日 時:12月18日(土) 13:30~16:00
 ・材料費:1,500円(ただし、材料の布を持参の方は無料)
 ・募集人数:15名(先着)
 ・申込方法:11月20日(土)~12月12日(日)の期間に、電話、FAXまたはメールで受け付けします。
        住所、氏名、連絡先をお知らせください。

4.風邪をひいたらどうするの~薬用植物のはなし
 病気にかかったとき、どのような植物で治したのか、薬用植物のおはなしをします。
 ・日 時:1月29日(土) 13:30~15:00
 ・講 師:安積 茉莉子氏(仙台市薬剤師会副会長)

5.ハンカチを染めてみよう
 桜の葉を使って、ハンカチを染めてみます。
 ・日 時:2月12日(土) 13:30~16:00
 ・材料費:200円
 ・募集人数:15名(先着)
 ・申込方法:1月10日(月・祝)~1月30日(日)の期間に、電話、FAXまたはメールで受け付けします。
        住所、氏名、連絡先をお知らせください。
 ・会  場:榴ヶ岡市民センター 調理室

6.麦から飴を作ろう
 大麦を使って、飴を作って食べてみましょう。
 ・日 時:3月26日(土) 13:30~16:00
 ・材料費:300円
 ・募集人数:15名(先着)
 ・申込方法:3月1日(火)~3月18日(金)の期間に、電話、FAXまたはメールで受け付けします。
        住所、氏名、連絡先をお知らせください。
 ・会  場:榴ヶ岡市民センター 調理室
―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

【問い合わせ】 仙台市歴史民俗資料館
          電話 022-295-3956/FAX 022-257-6401
          E-mail:folkmuse@deluxe.ocn.ne.jp

LINEで送る
Pocket