見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
underground
underground
特別企画「はにわの美」
開催期間:2013年12月13日(金) 〜 2014年01月13日(月)

古墳時代に人物・動物・家・器財など様々な形の埴輪がつくられました。
それらは歴史遺産として、また日本独自の造形物として、その愛らしく素朴な美が世界的にも高く評価されています。宮城県内・仙台市内から出土した埴輪のほか、造形的に興味深い人物や馬・猪・犬など動物の埴輪を展示し、「はにわの美」をご紹介します。
併せて「はにわ作り教室」「古墳めぐりバスツアー」「トークイベント」「はにわ写真展」も開催し、埴輪の魅力に迫ります。ぜひご来場・ご参加ください。

特設サイト

■会期: 2013(平成25)年12月13日(金)~平成26年1月13日(月・祝)
■開館時間:午前9時~午後4時45分(入館は4時15分まで)
■会場:地底の森ミュージアム 企画展示室
■会期中の休館日:月曜日または祝日の翌日・第4木曜日
■入館料:大人400円(320円)/高校生200円(160円)/小・中学生100円(80円)
      ※()は、30名以上の団体料金。
      ※仙台市内の小・中学生は「どこでもパスポート」の提示で無料になります。
      ※仙台市縄文の森広場との共通券もあります。詳細はこちらをご覧ください。


【関連イベント】
★はにわ作り教室

■日時:①11月16日(土)13:00~16:00 はにわ作り
    ②12月13日(金)10:00~14:00 はにわ焼成(野焼き)
       ※雨天時は、12月15日(日)に順延
■会場:①地底の森ミュージアム 研修室
    ②地底の森ミュージアム 芝生広場
■募集人数:小学生以上20人(小学生は保護者と参加)
■参加費(1人):1, 000円(材料代込み)
■講師:地底の森ミュージアム 学芸員
■申し込み:
  はがき・FAX・E-mailのいずれかで「はにわ作り教室 応募」と明記のうえ、参加者全員の氏名、年齢、住所、電話番号を記入し、地底の森ミュージアムへお送りください。

  申し込みしめ切り:2013年11月2日(土)必着

 ※応募多数の場合は抽選となります。抽選結果は11月5日を目途に郵送でお知らせします。

 詳細はこちら

★バスツアー「地底の森ミュージアム館長と行く古墳めぐり」

地底の森ミュージアムの館長と行く、主に福島県本宮市近辺の古墳をめぐるバスツアーです。

■日時:11月30日(土) 終日
■行程:雷神山古墳(名取市)、本宮市歴史民俗資料館、天王壇古墳(本宮市)ほか
■定員:40名
■参加費(1人):2, 000円
■申し込み:
  はがき・FAX・E-mailのいずれかで「古墳巡りツアー 応募」と明記のうえ、参加者全員の氏名、年齢、住所、電話番号を記入し、地底の森ミュージアムへお送りください。

  申し込みしめ切り:2013年11月16日(土)必着

■その他:行程は予告なく変更する場合があります。悪天候・通行止等により中止になる場合があります。

★トークイベント「はにわの魅力」

考古学者とアーティストがそれぞれの立場からみた埴輪の魅力について語ります。

■日時:12月14日(土) 午後2時~4時
■講師:日高慎 氏(考古学者 東京学芸大学准教授)
    榎戸由樹(仙台市市民文化事業団事業課長)
■会場:地底の森ミュージアム 研修室
■参加費:無料 ※入館料が必要です。
■申込:事前申込は不要です。直接会場へお越しください。※満席の場合、入場をお断りする場合があります。

   
       ▲男子頭部 
   丸森町台町古墳群103号墳出土
  (東北大学大学院文学研究科蔵)

   
     ▲両手を前に出す女子
    太白区原遺跡13号墳出土
    (仙台市教育委員会蔵)

【お問い合わせ・お申し込み】 地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)
               〒982-0012 仙台市太白区長町南4-3-1
               電話:(022)246-9153 FAX:(022)246-9158
               e-mail:t-forest@coral.ocn.ne.jp

LINEで送る
Pocket