見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
洲之内徹と現代画廊 ―昭和を生きた目と精神―
開催期間:2013年11月02日(土) 〜 2013年12月23日(月)

2013(平成25)年は、洲之内徹(1913-1987)が生まれてちょうど100年目にあたります。愛媛県松山市に生まれた洲之内は、小説家、田村泰次郎から引き継いだ現代画廊で、個性あふれる数多くの作家を紹介しました。また『芸術新潮』誌上に14年の間「気まぐれ美術館」を連載し、その独特の語り口は多くの熱心な読者を獲得し好評を博しました。
洲之内が最後まで手放さなかった「洲之内コレクション」は宮城県美術館に収蔵されています。本展では、このうちの半数をこえる作品のほか、彼の著作の中で語られた作品、現代画廊の初期や洲之内が引き継いだ後の作家の作品など、総数約190点と関係資料によって、洲之内徹と美術との関わりをあらためて見直します。このことは昭和を生きた一人の人間の足跡を通じ、戦後の新しい近代美術史像が生成される過程のひとこまを垣間見るとともに、なぜ人はかくも美術に愛着をもつのかという問いに思いをはせることになるでしょう。

■会期:2013(平成25)年11月2日(土)~12月23日(月・祝)
    ※ 会期中展示替えを行います。
    前期:11月2日(土)~12月 1日(日)
    後期:12月3日(火)~12月23日(月・祝)
■会場:宮城県美術館
■開館時間:午前9時30分~午後5時(※発券は午後4時30分まで)
■休館日:月曜日(ただし11月4日,12月23日は開館)、11月5日
■観覧料: 一般1,000円(900円)、学生800円(700円)、小・中学生,高校生300円(200円)
     ( )内は20名以上の団体料金
■主催:宮城県美術館、NHK仙台放送局、NHKプラネット東北、河北新報社
■後援:仙台市教育委員会、TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、Date fm
■助成:芸術文化振興基金


【関連イベント】

講演会「洲之内徹の遺したもの」
■講師:大倉 宏氏(美術評論家)
■日時: 11月24日(日) 午後2時~
■会場:宮城県美術館 アートホール
■料金:無料
■申込:不要
まちなか美術講座「洲之内徹と美術」
■講師:和田浩一(宮城県美術館学芸員)
■日時: 12月 7日(土) 午後1時~2時30分
■会場:東北工業大学一番町ロビー4階ホール
■料金:無料
■申込:不要

展示解説
■講師:宮城県美術館学芸員
■日時:11月10日(日) 午後2時~
    12月 1日(日) 午後2時~
    12月22日(日) 午後2時~
■会場:2階展示室入口に集合
■申込:不要 ※ただし特別展観覧券をお持ちください。


▲チラシ

【お問い合わせ】 宮城県美術館 TEL:022-221-2111

LINEで送る
Pocket