見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smt
smt
民話 声の図書室 −民話の深い森に分け入って−
開催期間:2013年05月03日(金) 〜 2013年06月30日(日)

「民話 声の図書室」は、みやぎ民話の会が40年にわたって記録してきた、宮城県を中心とする民話語りの映像・音声を、せんだいメディアテークと協働し、だれもが活かせる共有財産として、未来へ受け渡していこうとする活動です。
民話の深い森にまず分け入っていくこと、民話の語り手を尋ね訪ねてあちこちの土地土地に足を運び一人一人の話に耳を傾けること、「採訪」と呼ばれる活動の姿に光を当て、これまでの会の活動を文字資料・音声資料・映像資料を通してご紹介します。

■日程: 2013(平成25)年5月3日(金)から6月30日(日)  午前9時~午後10時
    ※5月23日(木)・6月27日(木)は全館休館日
■会場:せんだいメディアテーク7階ラウンジ
■入場料:無料


【関連企画1】考えるテーブル 民話ゆうわ座
      —話に遊び 輪を結び 座に集う- 第一回

いまここにも開いている昔話の入口−「かちかちやま」のいろいろな顔—

だれもが知っている日本の昔話「かちかちやま」は、いろいろな顔を持っています。おもしろい顔、こわい顔、うれしい顔、かなしい顔、そしてよくわからない顔…。「かちかちやま」を通して、先祖が語り継いできた民話の深い森に、一歩足を踏み入れてみませんか。
初回は、絵本に書かれた「かちかちやま」、宮城・山形の伝承の語り手による「かちかちやま」—これらを通して参加するみなさんと自由な感想や意見を声にしながら、みんなで聞き語り考える場にしたいと思います。

■日程: 2013(平成25)年6月22日(土) 午後1時~3時30分
■会場:せんだいメディアテーク7階スタジオa
■入場料:無料
■申込:事前申込は不要です。直接会場へお越しください。


【関連企画2】東北記録映画三部作
      「なみのおと」「なみのこえ」「うたうひと」上映

2011年5月よりメディアテークのスタジオ参加者として活動する酒井 耕氏・濱口竜介氏が、同じくスタジオで活動していた「みやぎ民話の会」と出会い、記録映画の撮影が始まりました。その協働作業の中で完成した東北記録映画三部作を上映します。
親しい語り/聞きの関係から浮かび上がる人々の暮らし、景色、記憶が独創的なカメラワークによって記録され、スクリーンに再現されます。

■日時:2013(平成25)年6月23日(日) 午前9時30分~午後7時45分
■会場:せんだいメディアテーク7階スタジオシアター
■上映スケジュール

 午前9時30分~午前11時52分「なみのおと」上映
 午後1時00分~午後2時50分 「なみのこえ(気仙沼編)」上映
 午後3時00分~午後4時45分 「なみのこえ(新地編)」上映
 午後5時15分~午後7時15分 「うたうひと」上映
 午後7時15分~午後7時45分 「うたうひと」あとがたり
               酒井 耕・濱口竜介両監督 × 民話 声の図書室プロジェクトチーム

■入場料:無料
■申込:事前申込は不要です。直接会場へお越しください。
■主催:民話声の図書室プロジェクトチーム/せんだいメディアテーク
■助成:財団法人 地域創造
■協力:silent voice/東京藝術大学大学院映像研究科

【お問い合わせ】
せんだいメディアテーク 企画・活動支援室  TEL:022-713-4483
      

LINEで送る
Pocket