見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
touhoku-university
touhoku-university
東北大学総合学術博物館 2月~3月のイベントのご案内
開催期間:2010年02月01日(月) 〜 2010年03月31日(水)

■ギャラリー展示の開催期間を延長します
企画名:「東北大学がもっているおもしろいかたち●▲■(マル・サンカク・シカク)」
会場:東北大学川内萩ホール・1階展示ギャラリー
期間:2010年1月31日(日)までを2010年3月29日(月)まで延長

■ミュージアム・トーク2010「アジア大陸を歩く」参加者募集
アジア大陸は古い大陸の破片があつまったモザイクで、古い大陸と大陸のあいだや太平洋との境界部には、過去の海洋の記録を残す“衝突帯”や“収束帯”が存在するといわれています。今回、公開講座ミュージアム・トークをおこなう当館長の永広昌之教授は東北日本の北上山地を中心にアジア大陸の形成過程を研究してきました。以下、4回シリーズで東北大学総合学術博物館館長永広昌之教授がこのテーマでミュージアム・トークを行います。
なお、第4回は永広昌之教授の最終講義も兼ねております。第4回は定員・参加費なし、お申し込み不要ですのでぜひご聴講ください。

第1回 2月27日(土)「閉じられた海。大陸の成長のはじまり」
第2回 3月6日(土)「大絶滅・地球環境変遷を記録する地層」
第3回 3月13日(土)「衝突するインド。姿をなしたアジア大陸」
第4回 3月20日(土)「そして日本、南部北上古陸の形成」

◎場所/
第1~3回 東北大学総合学術博物館(理学部自然史標本館)
第4回 東北大学理学部合同棟(理学部自然史標本館の隣)205号室
◎定員/各回30名(先着順)
◎時間/
第1~3回 ①13:00~14:20(受付中) ②15:00~16:20(受付終)
第4回 ①15:00~16:20
◎参加費/入館料のみ(大人150円・子ども80円)
◎申し込み先
〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
東北大学総合学術博物館 ミュージアム・トーク係
Tel/Fax 022-795-6767
◎申し込み要領
下記の必要事項をご記入の上、往復ハガキまたはFaxにてお申し込みください。
Faxでお申し込みの方には定員超過の場合のみ折り返しご連絡いたします。誠に申し訳ございませんが、電話でのお申し込みはご遠慮ください。
※お名前(ふりがな)連名可
※郵便番号・住所・電話番号
※参加ご希望日(複数日指定可ですが、必ずご参加できる日をご記入ください。)

LINEで送る
Pocket