見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
museum
museum
旬の常設展2014夏「片倉家特集」ほか
開催期間:2014年05月27日(火) 〜 2014年08月31日(日)

仙台市博物館では、季節ごとに大幅な展示替えを行い、随時約1,000点の資料を展示しています。

2014年夏の展示では、仙台藩の重臣として知られる白石城主片倉家について紹介するほか、7月23日から8月18日までは、上杉謙信所用との伝えがある朱雛漆紫糸素懸威六枚胴具足(三宝荒神形兜付)を、7月29日から8月31日までは水玉模様陣羽織をそれぞれ展示をそれぞれ期間限定で展示します。

 このほかにもさまざまな展示がありますので、ぜひご覧ください。

■会期:
2014(平成26)年5月27日(火)~8月31日(日)
■会場:
仙台市博物館
■開館時間:
午前9時~午後4時45分(入館は午後4時15分まで)
■休館日:
月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)
祝日・振替休日の翌日(土・日曜日、祝日の場合は開館)
■常設展観覧料:
一般・大学生400円 / 高校生200円 / 小・中学生100円
※30名以上の団体の場合、各2割引き。

●総合展示室

むかしの仙台
◇稲作の始まりと有力者の出現コーナー
 「中在家南遺跡・高田B遺跡、遠見塚古墳の出土資料」
 弥生時代の土器や稲の様子がわかる農耕具・古墳文化の広がりを示す埴輪や銅鏡などを展示

◇神仏への祈りコーナー「陸奥国分寺の仏像」
 陸奥国分寺に伝わる木造十二神将立像(宮城県指定文化財)のうち、丑・辰・巳・午・未の各神将像を展示

伊達政宗、仙台へ
◇伊達氏の登場コーナー「奥羽の戦国大名」
 
伊達政宗や近隣大名の書状など、伊達氏を中心とした奥羽の戦国時代に関する資料を展示


◇藩主と夫人たちコーナー「藩主の文芸」
 歴代藩主の中でも特に文芸を好んだ5代藩主伊達吉村の文芸活動を中心に紹介

◇武家のくらしコーナー「婚礼調度―乗物と貝桶」
 10代藩主伊達斉宗の正室で紀州徳川家から嫁いだ鍇(かた)姫の竹菱梅葵紋蒔絵女乗物を展示


◇仙台藩の家臣コーナー「片倉家特集」
 仙台藩の重臣として知られる白石城主片倉家について紹介


◇町のくらしコーナー「夏の行事」
 大正時代の七夕飾りや、江戸時代の夏の行事に関する資料を紹介

◇教育と文化コーナー「仙台藩の学問と思想家」
 仙台藩の天文学や林子平に関する資料を紹介

●特集展示室

特集 伊達政宗の手紙【~6/15】
当館に近年寄贈・寄託された政宗の書状を紹介

仙台藩の武器・武具
7/23から8/18までは上杉謙信所用との伝えがある朱雛漆紫糸素懸威六枚胴具足(しゅしぼうるしむらさきいとすがけおどしろくまいどうぐそく/三宝荒神形兜付)を、7/29から8/31までは水玉模様陣羽織をそれぞれ展示

●コレクション展示室Ⅰ

特集 三浦乾也
新井田コレクションの中から三浦乾也関係の焼物約20点を展示

●コレクション展示室Ⅱ

菊田伊洲の絵画【~6/22】
仙台藩のお抱え絵師をつとめ、仙台四大画家のひとりにも数えられる菊田伊洲の作品を紹介

●テーマ展示室Ⅱ

慶長遣欧使節【~6/15】 ※6/17からは特集展示室で展示
伊達政宗がスペイン、ローマに派遣した慶長遣欧使節について、大使支倉常長が日本に持ち帰った資料(ユネスコ記憶遺産登録資料、国宝「慶長遣欧使節関係資料」)などを展示

 

※展示期間・内容等は変更になる場合があります。

【お問い合わせ】仙台市博物館 TEL: 022-225-3074

LINEで送る
Pocket