見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
underground
underground
新春特別企画「青銅器の美-銅鐸・銅鼓・銅鏡」
開催期間:2013年01月05日(土) 〜 2013年01月20日(日)

日本の弥生時代や東南アジアでは、農耕文化に伴う祭器として独特の青銅の造形物が発達しました。
今回の展示では、弥生時代を代表する造形物である銅鐸、東南アジア特有の銅鼓など、普段目にする機会の少ない青銅器の美をご紹介します。併せて、仙台市内から出土した古墳時代の銅鏡などの青銅器も展示します。
青銅器ならではの造形美の世界をご堪能ください。

■会期:2013(平成25)年1月5日(土)~1月20日(日)
■開館時間:午前9時~午後4時45分(入館は4時15分まで)
■会場:地底の森ミュージアム 企画展示室
■会期中の休館日:1月7 日(月)・15日(火)
■入館料:大人400円(320円)/高校生200円(160円)/小・中学生100円(80円)
      ※()は、30名以上の団体料金。
      ※仙台市内の小・中学生は「どこでもパスポート」の提示で無料になります。
      ※仙台市縄文の森広場との共通券もあります。詳細はこちらをご覧ください。


   ▲企画展チラシ(表面)      ▲企画展チラシ(裏面)

            
   ▲銅鐸(日本)      ▲銅鼓[モコ](インドネシア・アロール島)      ▲銅鏡(仙台市裏町古墳)

【お問い合わせ】地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館) 電話:022-246-9153
      

LINEで送る
Pocket