見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
touhoku-university
touhoku-university
展示会「東北が支える宇宙惑星科学」
開催期間:2010年12月02日(木) 〜 2011年03月31日(木)

 2010(平成22)年6月、小惑星探査機「はやぶさ」が7年ぶりに宇宙から帰還し、その際に回収した試料が小惑星イトカワのものであることが確認され、多くの人々に感動と希望を与えました。
 実はこの「はやぶさ」計画では、東北大学の研究者も重要な役割を担っていました。その経緯から、東北大学総合学術博物館では2010(平成22)年10月上旬に、はやぶさの実物大模型を展示する企画を開催し、多くの方が来場しました。今回の展示会はそのはやぶさの展示会に続くもので、東北大学構内の2か所を会場にして開催されます。
 「はやぶさ」に限らず、日本の宇宙関連の研究、技術開発には日本全国の研究者、技術者たちが参画しています。その中でも東北地域の大学や企業の貢献度もおおきく、今回の展示では、スプライト観測衛星「雷神」、月周回衛星「かぐや」、小惑星探査機「はやぶさ」、金星探査機「あかつき」などに活用された研究、技術開発とその成果の一端を、パネルを使ってご紹介します。
 また今回は、「はやぶさ」の1/10スケール模型や「雷神」に搭載された高感度広視野カメラ、マスト伸展機構などの展示品もご覧いただけます。その他、関連企画として、講演会“「はやぶさ」の奇跡の物語”も開催いたします。
 この機会に、宇宙に関する最先端の技術に触れ、親しんでみてはいかがでしょうか。

▲はやぶさ 1/10模型

▲最新の宇宙技術にふれてみよう

【第1会場】東北大学川内萩ホール 展示ギャラリー
  ★開催期間:2010(平成22)年12月2日(木)~2011(平成23)年1月28日(金)
  ★開催時間:9:30~17:00
           ※12/2(木)は12:00より、1/28(金)は15:00まで
  ★休 館 日:12/7(火)、12/14(火)、12/20(月)、12/27(月)~1/6(木)、
           1/11(火)、1/15(土)、1/16(日)、1/18(火)、1/25(火)
  ★展示内容:雷神模型(実物大)、イトカワ模型(会津大制作)、かぐや模型(1/50)、はやぶさ模型(1/32)など

【第2会場】東北大学エクステンション教育研究棟1階広報展示スペース
  ★開催期間:2010(平成22)年12月2日(木)~2011(平成23)年3月下旬
  ★開催時間:9:00~17:00
  ★休 館 日:毎週土日祝日及び年末年始(12/28(火)~1/4(土))
  ★展示内容:はやぶさ模型(1/10)、JAXA角田センター紹介パネルなど

各会場入場無料
★各会場とも駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

★主催:東北大学総合学術博物館

★協力:東北大学理学研究科、東北大学工学研究科、東北大学ナノテク融合技術支援センター、
      会津大学、JAXA、JAXA角田宇宙センター、ワテック株式会社(山形県鶴岡市)、
      株式会社システム計測(宮城県仙台市)、株式会社スター精機(福島県相馬市)、
      NEC東北

☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・
【関連企画講演会】
東北大学・読売新聞共同プロジェクト
市民のためのサイエンス講座
「はやぶさ」奇跡の物語

 今年、「はやぶさ」の奇跡の生還に日本中が湧きました。今注目されるこのプロジェクトについて、リーダーの
川口教授をはじめとして、開発初期から回収サンプルの分析に至るまで各分野で関わってきた研究者が一堂
に会し、語ります。
 奇跡の物語に裏側に迫る講演です。

★日時:2010(平成22)年12月23日(祝・木)
      13:00~17:00(12:30開場)

★場所:東北大学川内萩ホール

★内容
  ①講演:川口淳一郎教授(JAXA「はやぶさ」プロジェクトマネージャー)
       出村裕英准教授(会津大学コンピュータ理工学部)
       吉田和哉教授(東北大学大学院工学研究科)
       中村智樹准教授(東北大学大学院理学研究科)
  ②パネルディスカッション
   コーディネーター:山根一眞(著書「小惑星探査機はやぶさの大冒険」ほか)

★申し込み方法
  「住所・氏名・職業・年齢・電話番号・希望人数」を明記し、ハガキ、FAXまたはEメールでお申し込み下さい。
  入場整理券を郵送します。

★ハガキ宛先: 
  〒980-0021 仙台市青葉区中央2-3-6読売仙台ビル3F 読売新聞東北総局 「市民のためのサイエンス講座」係

★FAX宛先:022-222-8386

★Eメール送信先:tohoku@yomiuri.com

★教育団体の受付:教育団体の受付:東北大学大学院理学研究科・理学部 教育研究支援部
  アウトリーチ支援室(「科学者の卵養成講座」協力)

★申し込み締切:いずれも2010(平成22)年12月16日(木)

【問い合わせ】東北大学総務部広報課 022-217-4977

☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・

【問い合わせ】東北大学総合学術博物館 022-795-6767

LINEで送る
Pocket