見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smt
smt
対話の可能性 LOVERS 永遠の恋人たち
開催期間:2013年11月07日(木) 〜 2014年01月12日(日)

情報化による全自動的な資本主義社会のなかで、制度により規制された私たち現代人の身体と愛の在り方を静謐に表した映像作品です。作者の古橋悌二は、京都を拠点として1984年に結成されたアーティスト集団「ダムタイプ」の中心メンバーとして活躍し、1995年にHIV感染のため他界しました。
≪LOVERS≫は1994年に発表された後、幾度かの改訂を経ていますが、本作は、2001年のせんだいメディアテーク開館記念展に際してダムタイプの高谷史郎氏が再現制作したもので、当館の寄託作品となっています。現在、ニューヨーク近代美術館(M0MA)に収蔵されているもの以外では唯一展示可能な状態として残る作品です。なお、仙台で12年ぶりの公開となる今回は、2001年の際には省略された部分も再現し、オリジナルに近い仕様で公開します。

特設サイトはこちら

■会期: 2013(平成25)年11月7日(木)~2014(平成26)年1月12日(日)
■休館日: 11月28日、12月29日から1月4日
■公開時間: 午前10時~午後7時  ※12月1日(日)~12月28日(土)は午後8時まで
■開場: せんだいメディアテーク6階ギャラリー4200 
■料金: 一般・大学生100円、高校生以下無料 (豊齢手帳、障がい者手帳をお持ちの方は半額)
■助成:財団法人 地域創造、公益財団法人 花王芸術・科学財団
■協力:レインボーアーカイブ東北、マゼラン、火星の庭、TURNAROUND

「LOVERS」関連資料
古橋悌二の書簡を収めた書籍『メモランダム』や、1994年に株式会社キヤノン アートラボにて初めて制作・展示された際の展覧会カタログのほか、古橋による1985年から1994年当時のダムタイプの音源などの閲覧・視聴ができます。

「S/N」の上映
「性の凛」のプログラムとして行なわれる11月15日の7階シアターでの上映会のほかに、6階会場でもダムタイプによるパフォーマンス作品「S/N」の上映を行ないます。このパフォーマンス作品は、≪LOVERS≫とほぼ同時期に制作され主題のうえでも密接な関わりをもった作品です。
 *11月15日はシアターでの上映のため午前中のみ6階会場で上映します。

【関連イベント】
トークイベント:
森永邦彦×鷲田清一 「からだ×ふく×せくしゅありてぃ」

私たちの身体と服飾の関係を今日的な目線から再考します。気鋭のファッションブランドANREALAGE(アンリアレイジ)を率いる森永邦彦と、哲学者でメディアテーク館長の鷲田清一が、各々の活動や事例を紹介しながら、自己表現としての、または性の主張としての、あるいは社会への提起としてのファッションについて語り合います。

■日時:11月17日(日)午後2時~4時
■会場:6階ギャラリー4200 「考えるテーブル」にて
■参加:無料、先着順(席数50ほど、他は立見になります。

◇森永邦彦(もりなが・くにひこ)
1980年生まれ。ファッションデザイナー。早稲田大学、バンタンデザイン研究所卒業。2003年に自身のブランドANREALAGE(アンリアレイジ)設立。ブランド名は日常(A REAL)、非日常(UN REAL)、時代(AGE)を組み合わせた造語。2005年、ニューヨークの新人デザイナーコンテスト「GEN ART 2005」でアバンギャルド大賞を受賞。2006年春夏東京コレクションにてデビューし、以降、東京コレクションにて発表を続ける。2011年、第29回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。2012年、個展「アンリアレイジ展 A REAL UN REAL AGE」(パルコミュージアム・東京)を開催。2013年、「フィロソフィカル・ファッション2 : A COLOR UN COLOR」(金沢21世紀美術館・石川)を開催。

◇鷲田清一(わしだ・きよかず)
1949年生まれ。哲学者。大谷大学教授、せんだいメディアテーク館長。京都大学文学部卒業、同大学院修了。大阪大学総長を経て、現職。これまで哲学の視点から、身体、他者、言葉、教育、アート、ケアなどを論じるとともに、さまざまな社会・文化批評をおこなってきた。主な著書に、『「聴く」ことの力――臨床哲学試論』(阪急コミュニケーションズ、桑原武夫学芸賞)、『モードの迷宮』(ちくま学芸文庫、サントリー学芸賞)、『「ぐずぐず」の理由』(角川選書、読売文学賞)など多数。

【関連展示】(観覧無料)
マゼラン、火星の庭、ターンアラウンドによる出張古本市 「対話の可能性」図書室

本の文化やアートについて独自の活動をおこなう古書店やギャラリーの協力により「対話の可能性」をテーマとして選出された古書を閲覧することが出来る図書室です。
書籍は購入することもできます。


▲チラシ(PDF)

【お問い合わせ】せんだいメディアテーク 企画・活動支援室  TEL:022-713-4483

 

LINEで送る
Pocket