見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
astronomical-observatory
astronomical-observatory
富谷隕石特別展示「富谷隕石がやってきた!」
2014年7月1日(火)~11月3日(月・祝)
レポートを読む

今年で落下30周年を迎える富谷隕石の期間限定展示。1984年富谷町に落ちた二つの貴重な隕石の本物を見ることができます。落下当時のエピソードや富谷隕石にまつわる品々も同時に展示します。

■会期:
2014(平成26)年7月1日(火)~11月3日(月・祝)
■場所:
仙台市天文台 展示室
■開催時間:
午前9時~午後5時  ※最終入館は閉館30分前まで
■観覧料:
展示室観覧料のみ(一般600円、高校生350円、小・中学生250円)
■休館日:
水曜日・第3火曜日(祝休日の場合はその直後の平日に休館)※学校長期休業期間中(7/21-8/24)は開館

◇その他: 土曜日は午後9時30分まで開館ですが展示室は午後5時までご覧いただけます。

▲チラシ(表)

▲チラシ(裏)

 

【お問合わせ】 仙台市天文台 TEL:022-391-1300

LINEで送る
Pocket

レポート
特別展示「富谷隕石がやってきた!」を見学してきました。

30年前、富谷町の浅野さんのお宅に、大きな音とともに落ちてきた小さな隕石。
この隕石は、富谷隕石と名付けられ、国立科学博物館に展示されているのですが、発見から30年を記念して、現在、仙台市天文台で公開されています(~2014年11月3日まで)。
富谷隕石は、ちょうど縁側に飛ばされていた洗濯物の上に落ちたそうで、今回は、発見時の状況をそのままに、パジャマ(当時のもの)の上に展示されています。宇宙の彼方からやってきた隕石が、可愛いパジャマの上できょとんと座っているようにもみえます。


▲写真手前がパジャマと富谷隕石

気になるのは、隕石の感触やにおい。
会場には、手で触れることができる隕石も展示されています。
まずは、触って確かめてみましょう。それから、隕石に触れた手のにおいを嗅いでみると・・・!?


▲触れる隕石の展示

また、会場では、様々な隕石の断面の様子も観察することができます。
表面の色合いとは違って、隕石の内部には不思議な模様がみられます。
なぜこのような模様ができるのでしょうか。思考は、果てしなく宇宙へと広がっていきます。


▲隕石の断面の様子

ふと我に返ると、「オーロラ」の美しいポスターが目に飛び込んできました。
この夏、仙台市天文台では、オーロラを体感できるイベントが開催されているのです。

企画展「オーロラ」(~2014年8月24日まで)では、オーロラの仕組みの解説に加え、オーロラを調査するための装置などが展示されていました。
特に興味深かったのは、オーロラの音を聞くコーナー。オーロラの電磁波を、人間の耳で聞こえる音波に変換したものが用意されているのです。目を閉じて耳を澄ますと、異空間にいるような気分になります。

土曜日の夜には、プラネタリウム「全天周オーロラ最新映像」が上映されるので、ぜひ体感してみたいと思います。

※「オーロラを体感しよう!」の情報は、仙台市天文台ウェブサイト(8月のイベント情報)をご覧ください。

 

ここからは、おまけのお話です。
仙台市天文台へ行くときに、おすすめの立ち寄りスポットがあります。
それは、天文台から1km程の距離にある田んぼ。
田んぼアートでむすび丸の姿が描かれているのです。

だまし絵にもなっていますので、ぜひ現地でご覧ください!
(田んぼアートの観覧場所は、絆づくり田んぼアート公式ホームページをご参照ください。)

 

仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局 石川

LINEで送る
Pocket