見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
宮城県美術館 公開講座「おとなの図工:3月」『佐藤時啓:レクチャーとワークショップ』ー虫眼鏡で作るカメラ(のぞき箱)ー 
開催期間:2011年03月09日(水) 〜 2011年04月10日(日)

 宮城県美術館では、「おとなの図工」と題し、毎月1回、18歳以上を対象とした実技と鑑賞の公開講座を行っています。2011(平成23)年3月は、虫眼鏡を使ったカメラ(のぞき箱)について開講いたします。
 今回の講師は、長時間露光の写真作品やピンホール写真作品、及び写真撮影の仕組みを用いたプロジェクトで知られる美術家の佐藤時啓さん。映像表現についてのレクチャーと、カメラオブスクラ(針穴カメラ原理を用いた映像を作り出す装置)を制作して、映し出される映像の世界を楽しむワークショップを行います。
 ワークショップでは、自転車で移動可能なカメラオブスクラを制作してもらいます。リヤカーを改造して人が乗り込めるカメラは“リヤカーメラ”と名付けられ、映し出される景色が動くことによって動画となり、見慣れた風景さえも驚きの光の世界となって皆さんに楽しんでもらえることでしょう。

 
講師:佐藤 時啓(美術家・写真家・東京藝術大学美術学部教授)

<レクチャー>
◆日時:2011(平成23)年3月19日(土) 10:30~12:00
◆定員:80名
◆対象:18歳以上
◆会場:宮城県美術館 アートホール
◆申し込み:事前に宮城県美術館 創作室(022-221-2114)まで、電話でお申し込み下さい。
        ※レクチャーのみの参加も可能です。

<ワークショップ>
◆日時:2011(平成23)年3月20日(日) 13:00~17:00
◆定員:15名
◆対象:18歳以上
◆会場:宮城県美術館 創作室2
◆材料費:1000円
◆申し込み:事前に宮城県美術館 創作室(022-221-2114)まで、電話でお申し込み下さい。
        ※ワークショップのみの参加はできません。

<関連イベント>
[公開制作]『リヤカーメラの制作』
◆期間:2011(平成23)年3月9日(水)~13日(日)
◆時間:10:00~15:00
◆場所:宮城県美術館創作室 他
◆観覧料無料
 ※制作中はご自由に見学できます。

[展示公開]
◆期間:2011(平成23)年3月15日(火)~4月10日(日) 
◆場所:宮城県美術館 中庭 他
◆観覧料無料
 ※展示期間中はカメラ乗車体験ができます。日時は変更になる場合がございます。

<同時募集>
佐藤時啓氏の『公開制作』及び『展示公開』の学生ボランティアを募集中です。制作の様子を間近でみられるチャンスです。
1.[公開制作スタッフ] 期間:3/9(水)~13(日)
 移動式カメラ・オブスクラ(リヤカーメラ)を制作します。

2.[展示公開スタッフ] 期間:3/15(火)~4/10(日)
 リヤカーメラの運行を行います。

【申し込み・問い合わせ】
宮城県美術館教育普及部 電話 022-221-2114

LINEで送る
Pocket