見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
astronomical-observatory
astronomical-observatory
宮城教育大学×仙台市天文台連携企画スペースラボin仙台市天文台「天文台で宇宙の不思議にふれてみよう」【11月・12月開催】
開催期間:2012年11月18日(日) 〜 2012年12月15日(土)

宮城教育大学の教員・学生が、仙台市天文台で楽しい実験教室を行います。天文台で宇宙の不思議にふれてみませんか。

第1回 太陽の光を「食べる」-野菜の色を取り出そう- 開催終了

第2回 振るえるものは音を出す
私たちは燃える太陽の光の恵みを受けて暮らしています。けれども、太陽が燃える音が聞こえたことはありません。太陽は音を出さずに燃えるのでしょうか。そもそも音とはなんでしょうか。磁石と導線などでみなさんがつくったスピーカーを使って、音の不思議を追究してみたいと思います。
 ■日時:2012(平成24)年11月18日(日) 午後1時~4時
 ■会場:仙台市天文台
 ■対象:小学校高学年
 ■定員:20名
 ■参加費:無料
 ■申込方法:
   宮城教育大学スペースラボin仙台市天文台事務局(電話:022-214-3931)まで
   お問い合わせください。申込締切:10月26日(金)必着。

第3回 飛行機雲はなぜできる?
みなさんは季語になっている雲をご存知でしょうか?入道雲や夕立雲は夏、いわし雲は秋といように、雲と季節は関係があります。でも、飛行機雲だけは季節に関係ありません。なぜでしょう?全く違う雲なのでしょうか?そもそも雲とは何でしょうか?今回は、実際に雲を作ってみて、飛行機雲がなぜできるのかを調べてみましょう。
 ■日時:2012(平成24)年11月24日(土) 午後1時30分~4時30分
 ■会場:仙台市天文台
 ■対象:小学校高学年・中学生
 ■定員:20名
 ■参加費:無料
 ■申込方法:
   宮城教育大学スペースラボin仙台市天文台事務局(電話:022-214-3931)まで
   お問い合わせください。申込締切:11月2日(金)必着。

第4回 真っ暗なのに光ってる!?-見えない光の不思議-
夜空を見上げると何が見えるでしょうか?真っ暗闇の中に星たちが静かに瞬いているのではないでしょうか?私たちは生まれてからずっとこの星空を見てきました。では、真っ暗闇には何もないのでしょうか?私たちには見えないだけ!だったとしたら。。 今回は、見えない光を体験してみましょう。
 ■日時:2012(平成24)年12月15日(土) 午後1時30分~4時30分
 ■会場:仙台市天文台
 ■対象:小学校高学年・中学生
 ■定員:20名
 ■参加費:無料
 ■申込方法:
   宮城教育大学スペースラボin仙台市天文台事務局(電話:022-214-3931)まで
   お問い合わせください。申込締切:11月22日(金)必着。

◇仙台市天文台のイベント情報は、こちらをご覧ください。

【お申し込み・お問い合わせ】 宮城教育大学スペースラボin仙台市天文台事務局
               電話:022-214-3931

LINEで送る
Pocket