見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
history
history
季節展示「七夕と盆」
開催期間:2010年07月06日(火) 〜 2010年08月22日(日)

 明治時代以降に盛んになった「仙台七夕祭」の変遷を戦前、戦後の写真、絵葉書資料などからたどるほか、お盆の時期に家の中に作られる「盆棚」を再現でご紹介し、この季節ならではの伝統行事をご覧いただけます(「盆棚」は家の宗派によってつくらないところもあります)。
                                                               
 展示資料には明治43年の七夕の様子を写した絵葉書(現時点では最古の七夕映像資料と考えられます)や、大正時代の七夕飾りに使われた和紙もあり、かつての七夕がどのような様子だったのかがわかります。仙台の七夕は旧暦7月6、7日に行われるもので、明治43年(1910)は新暦の8月6、7日に七夕祭が行われるようになった最初の年です。
                                                 

<初めて8月6日、7日に行われた仙台七夕(明治43(1910)年)>

<ベルリンオリンピックを記念しての仕掛物がみられる仙台七夕・藤崎前にて(昭和11年(1936))>

<皇太子(今上天皇)のご成婚を祝う飾りが見られる仙台七夕(昭和34年(1959))>

〃☆☆〃短冊に願い事を書いて笹に結ぶことができます〃☆☆〃
 館内では実物の竹に七夕の飾りを下げ、色紙の短冊に願い事を自由に書いて笹に結んでもらうコーナーを設けておりますので、七夕行事を体験してみてはいかがでしょうか。ぜひおこしくださいませ。 

◆会期:2010/7/6(火)~8/22(日)
◆時間:9:00~16:45(入館は16:15まで)
◆入館料:一般大学生 200円(160円)、高校生 150円(120円)、小・中学生 100円(80円)
      ※(  )内は団体料金(30名以上)。引率者1人無料
      ※「どこでもパスポート」をお持ちの小・中学生は無料。
      ※仙台市内の「豊齢手帳」「豊齢カード」をお持ちの方は無料
◆休館日:毎週月曜日(休日にあたる場合は翌日)・休日の翌日、第四木曜日(12月・休日にあたる場合は開館)、
      年末年始、くん蒸にともなう臨時休館
◆お問合せ:仙台市歴史民俗資料館 電話022(295)3956

LINEで送る
Pocket