見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
ミュージアムに行こう イベント情報アプリ ミュージアムに行こう イベント情報アプリ
  • iPhone / iPad
  • Android
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
gakuin
gakuin
館園実習ミニ企画展「でこぼこ・まっすぐ・ぐーるぐる ~西の浜貝塚の土器~」
開催期間:2017年02月13日(月) 〜 2017年06月30日(金)

こんにちは、東北学院大学博物館です!当館では2月13日(月)より、館園実習ミニ企画展「でこぼこ・まっすぐ・ぐーるぐる ~西の浜貝塚の土器~」を開催します。

今回の企画展は東北学院大学の館園実習の成果として、東北学院大学の実習生が企画から準備、展示、評価まで手掛けております。

展示作業開始

本企画展の舞台である西の浜貝塚は宮城県松島町磯崎に所在しており、縄文・弥生・奈良・平安時代という幅広い時代の遺構・遺物が発見されている国指定史跡です。

1967年に東北学院大学史学科(現歴史学科)加藤孝助教授(当時)と考古学研究部員によって発掘調査が行われました。今回はその一部、出土した縄文土器をミニ企画展として紹介します。

縄文土器を展示するにあたって、今回焦点を当てたのは多種多様な文様です。縄文土器は、縄文時代に日本列島のほぼ全域で使われた生活用具であり、主に煮炊きや食料の保存に使われていました。きわめて日常的で実用的な道具なのに、その表面に刻まれた文様はまるで芸術作品のようです。

展示作業

本展示ではそんな文様が露出展示で間近でじっくり見られます。文様に込められた縄文人の”想い”を考えながら見てみるのもおすすめです。

現代アートの様な絵に表した文様の展示もありますよ!

展示風景

西の浜貝塚出土縄文土器(3.3追加展示)

体験コーナー

こちらは体験コーナーです。

展示された土器を参考にしたり、自分なりの工夫を凝らしながら世界に一つだけの土器を作れます。お子様も、ぜひ来館してチャレンジしてみてくださいね。

まだまだ外は寒いですが、春休み中はぜひ東北学院大学博物館へ足を運んでみてください!

追加展示しました!(2月28日)

【東北学院大学博物館】

開催期間は好評につき6月30日(金)まで延長となりました!

開催日時:2017年2月13日(月)~6月30日(金) ※3月25日までは土曜日もお休みです。
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:日曜日、祝日・休日、大学の定める休業日
入館料:一般200円 ※3月23日(木)は入館料無料!
※学校法人東北学院の役員・教職員・学生・生徒・園児・旧役員・旧教職員は無料。
※大学同窓生は、ホームカミング・デー等の館長の定める行事日は無料。
※未就学児、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校もしくは高等専門学校の児童、生徒又は学生、65歳以上の方、障害者基本法に定める障害者と介護者1名は無料。
住所:〒980—8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1

【お問い合わせ】
東北学院大学博物館
TEL:022-264-6920

LINEで送る
Pocket